節分草の花言葉は「人間嫌い」

節分草は節分の頃に花が咲くのでそう呼ばれています。

 

一年で地上で見られる期間が2~3ヶ月しかないため「春の妖精」とも言われるそうです。

 

それなのに、花言葉のひとつが「人間嫌い」って。

 

 

孤高の花節分草

 

節分草は関東以西の地域に自生する日本固有の野草です。

雑木林などの半日陰の場所に自生します。

が、最近自生地が荒らされて激減しているそうなので、大切にしたいですね。

 

「多年草」で、育てる場合、3年目に花が咲きます。

地中にある期間が長いので、節分の頃の、花が見られる時期は本当に貴重な時期です。

白いのは花びらではなく、萼(がく)です。

「節分草画像」の画像検索結果

節分草の花言葉は、

「気品」 「ほほえみ」 「光輝」 「人間嫌い」

 

人目を避けてひっそりと咲いているのに、注目を浴びてしまう、そんな花の気分が「人間嫌い」なのでしょうか。

 

そっとしておいてあげて欲しい花ですね。

 

 

節分草の自生地

 

埼玉県小鹿野町の「節分草園」

西日本では、広島県庄原市総領町が有名です。

 

どちらもちゃんと保護されていますから、今では稀少になってしまった自生する節分草を見たいという方は、付近を荒らさないように注意してくださいね。

 

「気品」 「ほほえみ」 はともかく、

「人間嫌い」 と花に思われないようにしたいものです。

 

Originally posted 2016-01-29 00:32:14.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP