「ソロ」当たり前時代って、ミュージシャンのことかと思ったら「独身者」」のことだった!

 

男女とも「未婚率」が増加しているそうです。

「未婚率」というのは50歳迄に一度も結婚したことが
ない人の割合だそうですよ。

つまり、たとえばアルフィーの高見沢さんは「未婚率」を
上げているわけですね。

 

こんなニュースです。

「ソロ当たり前」時代、独身者が備えるべきこと 2035年は半数が独身に

 

 

 

周りを見ても実感する「未婚」の現実

 

 

確かに「未婚」の人は多いです。

一人がいい、という人もいれば、結婚したいけれども、
そう思える相手がいない人もいます。

この辺の「本音」はわかりませんが。

でも最近「結婚しないの?」とか
不躾に聞く人も少なくなったような気がします。

 

親なら早く結婚して欲しいと思うでしょうが、結婚するも
しないも自由だし~、と正直思います。

 

また実際ひとりで満足して暮らしている人も多いです。

仕事をして、料理もして、掃除もする。

別に同居人はいらない、という人がいます。

男性も女性も。それはアリでしょう。

ただやはり裏付けとなる経済力は必要ではないでしょうか?

 

 

結婚したいけれども経済力のない男性。

正規雇用でなく、将来が不安な女性。

 

結婚するかしないか、という以前に、生活そのものが不安定
で自立できない、という現実があります。

もちろん、実際にはひとりよりふたりの方が、生活はうまく
いくという側面もあるのです。

男性も女性も、もう一歩踏み込むのを避けているだけ
なのかもしれませんね。

 

周りの「未婚」男性たち、シャイですからね。

 

女性たちのほうがしっかりしているけれども。

でも、微妙に本音が出るときもあって。

女性は子どもが欲しい、と思うこともあって、結婚は
しなくても子どもは欲しいという人もいますよね。

ただそれも経済力がないと厳しい現実が待っている。

 

女性たちはダブルワークをしている人もいて、一生懸命
なんですが、日本という国の未来が見えない、という現実
がやっぱりあります。

 

年金は破綻、少子化、高齢化。

富裕層と低所得者層の差が開いて、いまや「中間層」は
居なくなった、とまで言われている現実。

 

「老後」がハッピーではなく、自助努力なしでは生活が
難しいのではないか、という現状では、せめてふたりで
助け合うほうがいいのでは?

なんて思うのですが・・・。

 

そう思える相手がいない、ということなんでしょうか?

 

 

まとめ

 

たいしたことは言えないけれども。

困難な未来なら、ひとりよりも二人がいい、と思うのです。

共に生きる同志がいれば、力が出せる気がする。

結婚という形でなくても、そういう同志を見つけて欲しい
と思いますね。

この生きにくい日本で生きてゆくために。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP