ノロウィルス感染注意 人から人への感染

冬はノロウィルスとインフルエンザに注意ですね。

特にノロウィルスによる下痢と嘔吐には特効薬がありません。

対症療法しかないので、感染予防と、もし感染してしまったら、脱水予防のために水分をしっかり摂ることが大切です。

 

 

感染は人から人へ

 

ノロウィルスは牡蠣などの食品から体内に取り込まれます。

充分に加熱したつもりでも、内部まで火が通っていなかったりすると

ノロウィルスは死滅することなく体内に侵入してしまいます。

潜伏期間は1~2日といわれ、発症後は2~3日で回復します。

ただし、1ヶ月くらいは体内にウイルスが残って感染源になってしまいますから、特に「手洗い」はしっかり意識してすることが大事です。

 

感染予防のためには、家族に発症者が出たときには、嘔吐物を処理したあとの「消毒」トイレの周りの消毒や、ドアノブ等の消毒もしっかりしておきましょう。

普通に外出しているときは、やたらと他の物に触れたあとに自分の目や鼻など「粘膜」のある場所を触らないことが大切です。

粘膜からウィルスは繁殖してしまうからです。

最近は大型ショッピングモールなどにも消毒用のアルコールなどが置いてありますから気になるときは利用しましょう。

外出から帰ったら「手洗い」は必須です。

しっかり丁寧に洗いましょう。

 

 

もしも感染してしまったら

 

嘔吐や下痢の症状が出たら、食中毒は全てそうですが、まずは体外に排出することです。

「下痢止め」などは使用してはいけません。

このとき必ず「水分補給」をします。

下痢や嘔吐がある場合、脱水が一番心配です。

水分補給にあたっては、水分と電解質とを摂るために、スポーツ飲料などを利用するといいでしょう。

この時、あまり冷やさずに「常温」で飲むほうが、胃腸を刺激しないので安心です。

特に幼児や高齢者には注意が必要です。

脱水症状が明らかになってきたら、病院で点滴などを行うほうがいいでしょう。

この場合の「脱水症状」とは、口の乾き、口唇の乾燥、尿量の減少、頭痛、全身の倦怠感、めまい、嘔吐などです。

 

 

まとめ

 

食中毒の場合、まずは悪いものをは排出すること。

これが肝要です。

「下痢止め」は使わず水分を補給すること。

感染を広めないために、しっかり手洗いをすること。

やたらと目や鼻に触らないこと。

乾燥する「冬」はウイルスの広まる絶好の環境です。

「予防」意識をしっかり持って「手洗い」を習慣づけましょう。

Originally posted 2016-01-27 12:57:02.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP