不妊治療の費用 助成金と医療控除

不妊治療にはお金がかかる。

そういうイメージはみんな持っているでしょう。

実際200万円~300万円はかかった、という人が多いです。

費用の問題、助成金について、不妊治療にかかった費用の医療控除についても考えてみましょう。

 

 

 

そもそも費用はどのくらい?

 

不妊検査

まずは検査からスタートします。
女性は基礎体温表を持参すると問診がスムーズに進みます。

初診時の費用としては、保険が適用されますから、問診、内診、超音波検査、血液検査等と、初診料
を合わせて、4000円くらいから1 万円くらいです。

ただし、医療機関によって、検査内容、検査の順番などもちがってきますから、前もって問い合わせておくほうがいいでしょう。

 

検査は「低温期」「高温期」「排卵期」というように時期を変えて行われます。

 

検査後、

「タイミング療法」・・・排卵日を予測して確実に受精させようとする方法

「ホルモン療法」・・・・排卵誘発剤を使う方法。

 

これで効果が出ないときは、

次の

「人工授精」さらに「体外受精」と進みます。

「人工授精」は15000円くらい。

「体外受精」は1回に数十万円かかると考えたほうがいいでしょう。

女性の体への負担も大きくなりますから医療機関の選び方も大事になってきます。

また、女性の年齢も考慮していつまで不妊治療を続けるのか、ということも夫婦で話し合っておく
べきでしょう。

 

 

 

IS09001認証・・・・病院の選び方の基準

 

IS09001というのは国際的な品質保証の規格です。

全ての産業に共通した規格ですが、病院でもこれを取得しているところが、まだ少ないですが、
あります。

この認証の有無も参考にしつつ、以下のチェックポイントをチェックしてみましょう。

◎ きめ細かいカウンセリングがあり質問に答えてくれる。

◎ 体外受精の実施数と成功率の実績が確認できる。

◎ 超音波検査や子宮造影検査の装置がある。

◎ 採精室、培養室の設備が整っている。

◎ 検査・治療についてわかりやすく説明してくれる。

◎ 費用をあらかじめ説明してくれる。

◎ 治療の選択肢を提案してくれる。

(参考・「女性の病気百科」主婦の友社)

 

 

 

国の助成金と地方自治体の助成金

 

 

いわゆる「ART」体外受精、顕微授精、凍結杯移植などの高度不妊治療には1回につき15万円の補助が受けられます。

が、治療の内容や女性の年齢によって違いますから、確認しておきましょう。

(厚生労働省のHPや問い合わせを参考に)

 

国の助成制度は全国一律ですが、地方自治体の制度はまちまちなので、問い合わせてみないとわかりません。

各市町村に問い合わせてみましょう。

 

 

 

不妊治療と医療費控除

 

保険が適用されない自費診療となるのが、「人工授精」
や「体外受精」です。

人工授精なら1回で1~3万円、

体外受精なら1回で30~60万円くらいにもなります。

 

この治療費ばかりでなく、交通費や治療用サプリメントの費用も控除対象になります。

 

これらの合計から国の助成金15万円を引き、さらに地方自治体の助成金等を引いてそこから10万円を引いた金額が控除の対象になります。

 

不妊治療には大金がかかります。

助成金などを利用するのはもちろんのこと、いつまで続けるか、夫婦でよく話し合っておくことが
大切です。

特に女性には年齢の問題があります。

いつから始めるのか、も考えておかないといけません。

 

まずは夫婦で協力しながらチャレンジしていきましょう。

Originally posted 2017-08-26 05:29:11.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP