若白髪の原因と対処法

普通は「白髪」が生えてくるのは、30代40代くらいからです。

その原因は、生活習慣、ストレス、睡眠不足、ダイエットによる栄養不足、などが挙げられます。

 

具体的には、髪の毛は色素細胞が「メラニン」を作ることで、本来白く生えてきた髪が黒くなるのです。

この「メラニン」が作られないと白髪のままになってしまうのですね。

 

「メラニン」が作られなくなるのは、細胞が年をとるからで、つまりは「加齢」が原因です。

上記の「ストレス」や「生活習慣」などが細胞の老化につながり、白髪の原因となります。

 

 

若白髪の原因は?

 

 

若白髪の場合は、細胞が老化するからというよりも「遺伝」の影響が強いと考えられます。

 

10代20代で白髪が目立つ場合、両親またはどちらかが若白髪であるケースが多いのです。

ただしこれは統計的に判断できるだけで、遺伝であるという医学的な根拠はまだはっきりしてはいません。

 

しかし、ストレス、睡眠不足、栄養不足など、ほかの原因となるものがなければ、遺伝と判断してよいでしょう。

 

遺伝以外にメラニンが作られなくなる原因となるのは食生活です。

栄養不足による血行障害ですね。

これが原因であれば、食生活を改善することで、白髪も改善されます。

 

 

 

若白髪の対処法

 

 

やはり「遺伝」が原因であれば、白髪の量によりますが、抜くよりも切りましょう、

抜いてしまうと、毛根がダメージを受けてしまいます。

遺伝による白髪の場合は、髪は元気なのですから、毛根を傷めないように注意しましょう。

 

白髪が多くて気になるようでしたら、染めるのもいいでしょう。

ヘアマニキュアなど、手軽に使えるものがいろいろあります。

大して気にならないなら、30代40代になればそう目立つことでもなくなりなすから、そのままでも
いいですね。

 

 

遺伝ではない場合

無理なダイエットで栄養不足になっていないか、

食事が偏っていないか、

ストレスや睡眠不足が続いていないか、

をチェックしましょう。

 

食事では

タンパク質、ビタミン、ミネラルをしっかり摂るようにします。

特に、ミネラルが豊富に含まれている海藻類を意識して摂りましょう。

 

ここに原因があるなら、時間はかかっても徐々に白髪を減らすことができます。

 

 

まとめ

 

 

若白髪というのは、たとえば10代では気になるかもしれませんが、年齢と共にあまり気にならなくなります。

 

気にしすぎてストレスになるくらいなら、染めて目立たなくすることもできます。

 

髪は健康なのですから、食生活に注意して、健康な髪を保つようにしましょう。

 

 

Originally posted 2017-08-07 13:50:39.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP