節分の豆は大豆ですか?

 

節分の「豆まき」で使われるのは「炒った」大豆とずっと思ってきたのですが、どうもそれだけではないようです。

 

だいたいその場合、撒いた豆を食べていますか?

これも実は疑問でした。

 

 

節分といえば「炒った大豆」

 

 

たとえばスーパーなどで「オニ」のお面と一緒によく売っているのが炒った大豆ですね。

 

これはそのまま食べられます。

食べ始めるとけっこうおいしくてポリポリ食べてしまいます。

これをそのまま家でまくのか?

昔は撒いていましたね。

 

撒いた豆はあとで掃除してまとめますがそれは食べない。

最初から食べる用のものを食べました。同じ豆ですけど。

このあたりは家によって、家庭によって違うようです。

 

まあ、豆を撒くのは世帯主だとか(一家の主人)言われつつ、実際はお父さんがオニの役で子どもが豆を撒いたりするので、家庭の数だけバリエーションがあっていいのでしょう。

 

 

「落花生」を使う地方も多いのです

 

 

北海道とか、東日本、九州にも落花生を使うところがあるようです。

 

以前そういえば使ったことがありました。

落花生なら撒いたあと、食べられますから「これはいい!」と思った記憶があります。

 

ただ「年の数」というところで、ちょっとくじけました。

落花生の中にはいくつかの豆が入っていて、これをどう数えるのか?

 

鞘ごと落花生の数が年の数になるといわれているらしいですね。

それはそれでいいのですが、いい大人になるとそれでは多過ぎる。

 

そこで、大豆に戻り、さらに「年の数」については「福茶」で納めるようになったのです。

 

 

「福茶」というのは、福豆のお茶です

 

が、これもいろいろ。

福豆つまり炒った大豆と、梅干、塩昆布を煮出してお茶として飲む、という人(家庭)もありますし、福豆だけを使って煮出す、という人もいます。

 

さらに福豆をお湯呑みに入れそこにお茶を注ぐだけで「福茶」のできあがり、という人も。

 

これもどれが正しい、というものでもなく、「福茶」というものを知っていればいいのではないでしょうか。

 

「年の数」がかなりの数になってきたら、「福茶」で召し上がれ、と。

 

煮出して、そのお茶に梅干しや塩昆布をいれたら、香ばしくておいしいです。

 

子どもが大きくなって「豆まき」をしなくなったら、家族で「福茶」を楽しむのもいいものです。

 

寒い時期に、春を待ちながら、お茶でほっこり。

立春の前だからこそ、そんな過ごし方もいいと思います。

 

 

まとめ

 

「節分」は季節の境目。

特に立春は年の初めです。

その前に「オニ」を入れず、「福」を呼び込もうという願いを込めたのが「豆まき」なのです。

 

そんな歴史を踏まえて、「福豆」を食べ、「福茶」を飲む。

 

具体的に何を食べて何を飲むかは家庭で決めればいいことです。

 

子どもがちいさいとき、大きくなったら、夫婦だけになったら、ひとりになったら、そのときどきで、「節分」の過ごし方はちがってきます。

それで良いのです。

 

よい節分をお過ごしください。

 

 

Originally posted 2016-01-22 07:24:43.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP