印鑑登録の方法 代理人でもできる?

「印鑑証明」は住宅ローンを組むとき、車を購入するとき、土地の売買、賃貸住宅に入居するとき、保険金の受け取りなどで必要となります。

 

「印鑑登録」された印鑑を「実印」といいます。
どんな立派な印鑑でも「印鑑登録」していないものは「実印」とはいいません。

 

 

印鑑登録に必要なもの

 

 

印鑑登録は15歳以上で住民登録をしている人が、住民登録をしている役所ですることができます。

必要なものは
登録する印鑑、
運転免許証、パスポートなどの写真付き証明書です。

 

写真付き証明書がない場合は登録申請をしたあと自宅へ「照会文書」が送付されますから、それを
持って再度役所に行くと、「印鑑登録証」が交付されます。

照会文書はだいたい1~2日で自宅に届きます。

 

登録できる印鑑については、
サイズ(印影の大きさ)文字などの規定がありますから、登録する役所のHPで確認しておきましょう。

ちなみに印影の大きさにも多少の違いがあります。

神戸市では6ミリ~20ミリ
(一辺が6ミリ以上20ミリ以下の正方形に収まる大きさ)

西宮市では8ミリ~25ミリです。

市役所・支所・出張所でもできますが、基本的に平日受付になります。(時間はそれぞれ違いますから確認しておきましょう)

 

 

代理人の場合即日発行はできない

 

本人が申請に行けない場合、「代理人」が代わりに申請できます。

その場合、
登録する印鑑のほかに、
代理人の印鑑、登録する印鑑で作成された委任状、が必要です。

この時も「照会文書」が本人の自宅に送られます。
代理人はこれと、登録申請した印鑑、本人と代理人双方の本人確認書類、代理人の印鑑を持って再度申請します。

 

(委任状の書式もHPでダウンロードできます。)

 

 

 

印鑑登録証の発行

 

印鑑登録をすると「印鑑登録証」が発行されます。

これは、市町村によって違いますが、例えば西宮市の場合、「印鑑登録証」単独のカードも作れますし、住民基本台帳カードに印鑑登録証の機能も含めてインプットすることもできます。

このカード作成に西宮市の場合100円かかります。

 

発行された「印鑑登録証」を使って「印鑑証明書」が交付されます。

手数料は300円です。

 

証明書はコンビニでも取れます。

その場合、暗証番号を前もって登録しておく必要があります。

マイナンバーカードを既に持っている方は、印鑑登録証の機能がついていれば同様にコンビニ
で取得できます。

コンビニの方が手数料が安いです。
(が、これも市町村によって違います)

 

 

注意してほしいこと

 

実印は家や車など高額なものの売買に使われます。

代理人に申請を委任する場合、その印鑑も預けることになりますから、後にトラブルにならないように慎重に考えましょう。

悪用されないように注意することが大事です。

発行された「印鑑登録証」があれば、誰でも持っている人が「印鑑証明書」を取ることができます。

(「印鑑登録証」を預けた時点で、委任したことになります)

「印鑑登録証」の保管にも気を配りたいものです。

 

Originally posted 2017-07-19 05:42:21.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP