「イースター」がやってきた!

「イースター」を知っていますか?

いわゆる「復活祭」のことです。

キリストの復活を祝う日ですね。

キリスト教では「復活」はとても重要なことで、卵を使った料理で祝い、卵を使った遊びをします。

 

 

 

「イースター」は復活祭と同時に「春」のお祝い

 

 

最近、日本でもカラフルな卵を見るようになってきました。

これは「イースター」のお祝いに使われるものです。

「卵」は『生命」を表すものであり重要なものとされているのです。

 

 

これが「イースターエッグ」です。

卵型の発泡スチロールに綺麗に着色したものを自分で作ることができます。

着色にはアクリル絵の具やポスターカラーを使うと綺麗に仕上げることができます。

 

ゆで卵に着色することもできますが、保存するとなると中身が腐ってしまうことがありますから、
発砲スチロールの方が無難です。

 

この「イースターエッグ」を飾り付けに使ったり、プレゼントすることもあります。

 

卵を使った料理で、「復活」と「春の訪れ」をお祝いするのです。

 

 

「イースター」の日は毎年違います。

 

「イースター」は

「春分の日のあとの最初の満月のあとの最初の日曜日」

と決められています。

ですから、

2017年は4月16日の日曜日になります。

 

日本でも、スーパーや百貨店が「イースター」を盛り上げようとしています。

「イースター」にちなんで、可愛いウサギや卵のケーキが発売されたり、パーテイーグッズが並べられたりしています。

 

TVで「イースター」絡みのCMも放送され始めました。

 

 

「ハロウィン」に追いつけるか?!

 

「ハロウィン」は今や日本での関連市場が1300億円だそうで「イースター」は300億円だとか。

 

「ハロウィン」並みに今後の市場の拡大が期待されているようです。

 

「春の訪れ」を祝う、という「イースター」は日本には向いていると思います。

 

ちょうど時期的にも桜のお花見が終わった頃ですし、入学入園シーズンでもあります。

 

家族でお祝いするのに、可愛いウサギや綺麗な「イースターエッグ」はピッタリではないでしょうか。

 

手作りの「イースターエッグ」を添えてプレゼントを用意したら喜ばれそうですね。

 

長い目で見たら、「ハロウィン」以上に定着しそうだな、と思っています。

 

 

 

「イースターイベント」2017

 

イオンイースターパーティ 3/17~4/16

 

ディズニーイースター    4/4~6/14

 

USJイースター   3/3~6/25

 

このほかにも全国で大小さまざまなイベントがあります。

比較的まったりしたイベントが多いので、近くのイベントに気軽に参加してみるといいですね。

 

 

 

 

 

 

Originally posted 2017-04-13 19:13:13.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP