「ぷらっとこだま」で大阪から東京へ

大阪から東京へ行く方法はいくつかあります。

飛行機・電車・バス。

まあ、マイカー、ヒッチハイク、徒歩までいれればもっといろいろありますが、公的機関を使ってできるだけ安く移動するなら、飛行機では早期の予約、新幹線なら「ぷらっとこだま」、バスなら夜行バスでしょう。

 

ここでは「ぷらっとこだま」を利用して大阪から東京に行く方法と実際の体験をご紹介します。

 

 

 

「ぷらっとこだま」の特徴

 

なんといっても「こだま」ですから時間がかかります。

新大阪から東京まで4時間5分。

しかし料金は10300円。

新幹線の正規料金は、
普通自由席で13620円
普通指定席で14450円
グリーン者なら19230円です。

金券ショップでは時期にもよりますが、普通指定席でだいたい1000円前後安く購入できます。

それでも、「ぷらっとこだま」の方がかなり安くなります。

 

 

 

購入方法

 

 

「ぷらっとこだま」はJR東海が扱っているツアー商品です。

ですからJRの駅やみどりの窓口では購入できません。

 

JR東海ツアーズの店舗。またはインターネット販売、もしくはJTBの各店舗で予約・購入します。

 

また利用出来る駅も限られていますから確認しておきましょう。

 

新大阪から利用する場合、JR東海の店舗は数が少ないので、最寄りのJTBでの購入が便利です。

 

もちろんインターネット利用なら問題はありません。

その場合チケットは宅配されます。

宅配料金は200円です。
(送料無料キャンペーン中の場合もあります)

 

JR東海のHPで空席状況や出発時刻などを確認して、JTBの店舗で予約・購入するのがオススメです。

 

チケットはできれば郵送より持ち帰るほうが安心です。

 

「ぷらっとこだま」には「ソフトドリンク無料券」がついています。

 

これは駅のkioskでしか使えませんから注意しましょう。

またこだまは車内販売がありませんから。このときにお弁当等も購入しておきましょう。

 

「ぷらっとこだま」は全席指定席です。

新大阪⇒東京は10300円ですが、これに1500円プラスでグリーン車が利用できます。

 

4時間を超える長旅ですから、快適なグリーン車をオススメします。

 

特にのんびり一人旅のときに、隣に知らないおじさんがいたらちょっと気づまりですよね。

 

グリーン車なら、繁忙期はわかりませんが、通常ですとまず隣に人が来ることなくのんびりと過ごせます。

 

普段は通り過ぎてしまう駅に止まりますから、けっこう駅名などの発見があって楽しいです。

 

 

注意点

 

 

通常のチケットではありませんから、駅員さんがいる改札を通らなければなりません。

 

また乗り遅れても、次の自由席で、というわけにはいきません。

 

ですから時間には余裕を持って新大阪に向いましょう。

 

 

東京駅に着いたら、普通の新幹線のチケットとは違い、JRとの乗り換えのときに新たに切符を買わなければならず不便です。

 

関西からならICOCA等を持っていくと乗り換えに便利です。

 

 

 

まとめ

 

安さを求めるなら夜行バス。

 

一泊するなら往復新幹線、または往復飛行機のツアーが安いです。

 

旅行によってどんな方法にするか考えるのも楽しいものです。

時期によっては「青春18切符」もありますから各駅電車
の旅もいいかもしれません。

 

いずれにしても「良い旅を!」

 

 

 

 

 

Originally posted 2017-03-05 12:05:05.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP