節分のいわし食べますか飾りますか?

「節分」といえば「恵方巻き」がすっかり有名になっていますね。

これはバレンタインチョコと同様、かなり「売らんかな」の顔が見えます。

「いわし」については、地域によって差があるらしく、「いわし」を食べるなど聞いたことがないと言われてこちらがショックをうけたことがあります。

 

 

節分と柊イワシ

 

「いわし」と節分の関係は「柊イワシ」ですね。
「ひいらぎいわし」と読みます。

 

「柊イワシ」というのは、平安時代の紀貫之の土佐日記にも記載があるところから、平安時代からの風習ともいわれています。

 

「魔除け」の意味で、「柊」の尖った葉はオニの目を刺す、といい、イワシを焼くときの臭いがオニを追い払う、というわけです。

 

焼いたイワシの頭を柊に刺して、玄関や軒下に飾ります。

こんな感じ。

節分に鰯と柊
節分に鰯と柊 posted by (C)nyan

 

節分当日に飾るのが一般的ですが、外す時期については諸説があるようで、「翌日」とか「2月いっぱい」とか、「一年」とかにわかれているようです。

 

そういう習慣がある地域でしたら、その地域の習慣に合わせるのがいいでしょう。

 

 

イワシを食べるのも「魔除け」です

 

関西では生のイワシを売っているように思いますが、丸干しのところもあるようですね。

 

どちらも焼いて食べますから、煙と臭いでオニを追い払う、という目的には合致していますね。

 

その時に焼いたイワシの頭を柊に刺して飾ればいいのです。

ただし「焼いて」食べるのが大事ですから、間違っても「おつくり」などはしないように。

 

 

節分とはそもそも

 

「立春」の前の日です。

古来、大晦日には陰陽師が厄除けをしたという習わしが宮中にあって、それが民間に伝わったといわれています。

 

立春を年の初めと考えれば、その前日に「オニを追い払う」のは理にかなったことです。

 

「豆まき」も厄除けの一種ですね。

こうして、健やかな年の始まりを祈念してきたのです。

 

2019年の追記 焼いたイワシを買う

 

お店で「焼きイワシ」が目立っています。

すでに「焼いてある」イワシでしすね。

また。これを買う人が多いです。

「きれいに焼いてるし」

「焼くのって手間だし」

「このほうが楽」

という意見多数。

 

節分は「巻きずし」(ただし、丸かじりはしません)と「焼きイワシ」プラスα。

 

この「α」部分は家庭によってさまざまです。

 

季節からして「鍋」が多いかも。

個人的なリサーチによると「すき焼き」の確立高し。

 

少なくとも。焼いたイワシを食べるのはほぼこのときだけです。

 

節分の翌日には生イワシが半額でした・・・・。

 

 

 

 

Originally posted 2016-01-11 03:32:20.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP