元号と天皇

日本では西暦のほかに、元号が使われています。

明治・大正・昭和・平成という具合ですね。

この元号は同時に天皇の諡(おくりな)になるのです。

つまり、「大正天皇」「昭和天皇」というように。

亡くなられたあとの名前になります。

それまでは「今上天皇」つまり「今の天皇」という意味で使われる言葉で呼ばれるのです。

実際にはそう呼ばれることはほとんどなく「天皇」陛下とお呼びします。

 

 

「元号」の変遷

 

ところが、明治時代より前は、元号は天皇の譲位に関係なくしばしば変えられていました。

 

たとえば歴史の勉強でよく出る聖武天皇の頃。

元号は「神亀」(じんき)⇒「天平」(てんぴょう)⇒「天平感宝」(てんぴょうかんぽう)と変わりました。

 

しかも天皇の諡は「聖武」です。

元号とは別ですね。

 

つまり、饑饉や地震などの災害や内乱のあとに「人心を一新」するために元号を変えてきたのです。

 

ところが、明治時代になって、「一世一元の制」が出されて、元号は天皇の皇位継承時にのみ改定されるように決められました。

 

しかも、「皇位継承」は天皇の崩御(死亡)の場合だけ。

従って、明治・大正・昭和とそれが受け継がれたのです。

 

が、天皇が生前の譲位を希望されたらどうなるか?

それが現在(平成29年)の問題ですね。

 

 

表記の問題

 

「元号」は特に明治以降、簡単には変更されなくなったこともあって、公文書(役所の書類)や新聞などの発行の日付にも使われてきました。

 

年代を記入する欄には、西暦と元号の両方を書くようになっていたり、元号だけ、というものもあって、西暦と元号の両方を覚えておく必要があります。

 

ちなみに
「平成29年」は西暦2017年ですね。

 

それだけ、日本では「元号」が広く使われてきたわけです。

 

また、明治以降については、元号がそのまま時代の特色というのか、「空気」を表す用語にもなっています。

 

「大正デモクラシー」とか、ちょっと趣は違いますが「昭和顔」とか。

「昭和30年代」などという言い方で、その時代が表現できるのは「元号」の効果と言えます。

 

「元号」もまた、日本の文化の一つと言えるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

「昭和」から「平成」に元号が変わってから、29年。

昭和生まれで一番若い世代がもう30歳になろうとしています。

 

元号はある意味わかりやすい表現方法で、西暦○○年だけでは実感しにくい「時代の色」とか「雰囲気」を伝えてくれます。

 

そう言う意味で広く認められ使われていますから、今後も使われてゆくのではないでしょうか?

 

また、元号は天皇制とも深く関わっているので、日本という国のあり方の根幹となるモノ、とも言えるのです。

 

これまでもそうであったように、日本に生きる人々の総意によって、自然と受け継がれるものと、そうでないものは決められてゆくでしょう。

 

法律や制度を超えて、淘汰されるものがある、ということなのだろうと思っています。

 

 

 

Originally posted 2017-01-12 05:46:15.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP