初場所から始まる大相撲

大相撲といえば、伝統的な「行事」ですが、そもそもは「神事」でした。

今でも神社の祭りで相撲が行われています。

また、天皇の前でおこなわれる「相撲節会」それぞれの時代の将軍による閲覧相撲、さらには興行として庶民の楽しみになった相撲がありました。

 

 

初場所から九州場所まで

 

現在、大相撲の興行は年間6場所。

15日間ずつ行われています。

初場所 1月 東京・両国国技館

春場所  3月 大阪府立体育館

夏場所  5月 東京・両国国技館

名古屋場所 7月 名古屋・愛知県体育館

秋場所  9月 東京・両国国技館

九州場所 11月 福岡国際センター

これらの「本場所」のほかに「地方巡業」も行われています。

テレビ中継もありますが、大相撲を本当に楽しむには、なんといっても取り組みを直接見て、その迫力を知ることが一番です。

 

 

大相撲観覧の座席

 

「溜席」「マス席」「イス席」があります。

席については日本相撲協会のHP

お座席について

 

に写真付きで詳しく説明されていますので、ご確認ください。

 

チケットも相撲協会の公式ページで購入できます。

こちら。

チケット大相撲

 

前売り券は人気の席は発売当日に売り切れになりますのでお早めに。

マス席なら力士が通る通路側から売れるようです。

もちろん初日・千秋楽の正面席などはすぐに売れてしまいます。

 

また一番前にある「溜席」ですが、「すなかぶり」とも言って力士の砂をかぶる、あるいは、力士が転落してくる危険もあるものの、料金が最も高い席です。
(14800円)

 

しかし、この席のほとんどは後援団体や一定以上の金額を寄付した個人・団体に割り当てられています。
土俵に近い300席が割り当てられ残りの200席ほどが販売されているようです。

 

「マス席」は意外に狭いです。

4人分がひと枠になっていますが、男性4人ですと結構狭く感じるのではないでしょうか。

 

食事・お酒も自由ですが、ツアー等で申し込むと、お弁当やお土産がセットになっているようです。

チケットだけ購入してもお土産はありません。

 

「イス席」は2階席になります。

土俵を見下ろす形になります。

列によって料金が違います。12・13列めですと3800円で大相撲が見られます。

 

さらにその後ろ、14列目が自由席になっていて、当日券です。
2200円というお得な金額ですが、朝早くから並ばないと購入は厳しいです。

 

 

まとめ

 

大相撲は人気の盛衰が激しいようですが、やはり実際にみると、その迫力はテレビの比
ではありません。

特定の力士が好きでないひとも、「大相撲」そのものが好きになることが多いようです。

 

また独特の空気が好き,とか行司さんや呼び出しさんのファンの方もいるくらい、関心を持って見ると奥深い世界です。

 

日本の伝統の神事でありながら、格闘技の側面もあって、形式の美を保ちつつ、現代に生きています。

 

地方巡業などで、力士を間近に見ると、いっそうその感が強くなります。

 

「地方巡業」については、日本の暮らしの一面として、機会があれば紹介したいと思います。

 

Originally posted 2017-01-10 10:07:52.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP