どんと焼き?どんど焼き?

お正月飾りなどを神社の境内で焼く行事を「どんと焼き」と言いますが、「どんど焼き」とか「どんどん焼き」という言い方もあるようですね。

 

 

小正月の行事

 

 

「どんと焼き」「どんど焼き」は小正月(1月15日)におこなわれる行事です。

呼び方はちがっていても、行事の内容はほぼ日本全国同じです。

 

つまり、松飾りや、しめ縄、書初め、お守りなどを集めてもやします。

 

神社で燃やすことが多いですが、神社に限ったわけではなく、地区によっては決まった場所があって、その場所を使うようです。

 

たとえばお守りなどは、燃やしていいかどうか、それぞれの場所で確認しておくほうがいいでしょう。

 

また、神社でも最近は近所に考慮して、火を使わないところも増えています。

 

しめ飾りなどを置く場所が指定されていたり、並べるようになっているところもあります。

 

そういう神社では、まとめて受け取って、処分してくれるようです。

 

 

「どんと焼き」でたべものを焼く?

 

 

「どんと焼き」の残り火で、たとえばお餅を焼く、お団子を焼くこともあるようです。

 

これも地方によって違うのでしょうが、焼いたお餅やお団子を食べると、一年間健康に過ごせるとか。

御利益があるのですね。

 

また、どんと焼きの「灰」を持ち帰って家の周りに置くと「魔除け」になるそうです。

 

神社での「どんと焼き」では、食べ物を焼くのを見たことがないのですが、神社以外の場所では
焼いていたのでしょうか?

 

子どもの頃の記憶が残っている人もいますから、実際お餅などを焼いたのでしょうね。

 

 

 

まとめ

 

 

お正月の行事は似たようで違う。

地方によって特色があります。

呼び方も異なります。

 

違うところも、共通のところも含めて、子どもの頃に経験した記憶はいつまでも残るものです。

 

そういう記憶を、さらに次の世代へと引き継ぎながら、それぞれの地域の「伝統」が守られてゆくのです。

 

祖父母から孫へ、
親から子へ。

 

懐かしいたくさんの思い出を「次」へと伝える場がお正月でもあるのですね。

 

 

 

 

 

Originally posted 2017-01-09 23:55:23.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP