SNSってどのくらい使われているの?

SNSとは

「ソーシャル・ネットワーク・サービス」のこと。

たとえば、

mixi,、Facebook、Twitter, LINE

などですね。

Instagram もそうです。

世界的な規模のものもあれば、そうでもないものも。

要するに、基本的に「無料」で参加できて、人と交流ができるインターネット上のサービスです。

 

ブログもある意味「交流」が図れますから含まれるかもしれません。

これによって、距離にかかわらずコミュニケーションがとれたり、同じ趣味嗜好の人と仲良くなれたり、知り合えたりできるようになったのです。

日本の社会も、かなり有り様が変わってきて、たとえば年賀状の代わりにLINEやメールになったり、会社や友人との連絡が電話からメールやLINEになったりしていますね。

 

 

SNSってそもそもどのくらいの人が参加してるの?

 

日本国内では2016年末には6872万人、ネットユーザーの70%近くが利用しているのではないか、といわれています。
(株式会社ICT総研の発表による)

 

もともとは10~20代が多かったのですが、40~50
代にも拡大しているようです。

 

とくにLINEとInstagramの利用が増えているとか。

 

SNSでは実名を使うもの、匿名のものがあって、そういう点で人気も左右されるのかもしれません。

コミュニケーションの手段が多様化しても、どんなふうに付き合うか、実際の知人、家族会社の上司などが関わってくると、付き合い方が難しくなってきます。

 

利用者が増えるほどに、サービスの内容も進化してゆくでしょうから、どんなふうにSNSを選択し、利用するか、検討する必要が出てきます。

 

 

SNSの使い方

 

SNSには「招待」で参加するものと、「新規登録」するものがあります。

mixiは「招待」制ですね。

 

普通はメールアドレスとパスワードを登録して、個人のアカウントを取得します。

さらに「プロフィール」欄があって、ここに個人の情報を書き込みます。

ここで、どの程度を書き込むか、また書きこんだ内容をどの程度「公開」するか、慎重に考えましょう。

 

公開の範囲も「友人だけ」とか「友人の友人」までとか「全員」とか(mixiの場合)選択できます。

 

たとえばFacebookなら本名で昔の友人との交流を復活させたり、同窓生と交流することができます。

 

LINEなら知り合い、友人、同僚といったすでに交流がある人の間でのやりとりに便利ですね。

 

mixiの場合、趣味が同じ人が集まったコミュニティーに参加できますから、情報を得るのにはいいかもしれません。

 

友人に誘われて始める人が多いと思いますが、まずは個人情報の扱い方、次にどのように使いたいのか、よく考えて使いましょう。

 

 

まとめ

 

今や会社やご近所といった狭い社会ではなく、ネットを通じて情報が飛んでゆく時代です。

そんな中でSNSとどう付き合うか、も日常の暮らしでは欠かせない部分になっています。

 

言いたいことをネットで言える自由もありますが、同時に「炎上」もあります。

賢くSNSを利用したいものです。

 

 

 

Originally posted 2016-12-30 23:58:08.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お見合いアプリ?facebook omiai

Menu

HOME

TOP