お年玉に500円硬貨を。

「お年玉」の時期になると、相場というのが気になります。

いったいどのくらいの金額をあげたらいいのだろう?

 

貰う方は気軽ですが、出す方はどのくらいが世間の相場なのか、気にしながら考えます。

 

そこで、紹介したいのが、有る知人の方法です。

彼は500円硬貨でお年玉を渡すのです。

昔から一貫しているので、ブレがありません。

周りも心得ていますから誤解もありません。

とてもシンプルです。

 

 

500円硬貨×年齢

 

お年玉は500円硬貨に年齢を掛けたもの。

5歳なら500円硬貨5枚です。

10歳なら10枚ですね。

20歳なら20枚。

 

20枚ということは1万円ですが、これは相場からすると少ないのではないでしょうか?

 

でも、この20枚というのが、つまり年々増えてゆくのが、なんとも「めでたい」感じ
なのだそうです。(と、貰っている本人が言っていました。)

 

ポチ袋にチャリンと入っていて、その重さがちょっと嬉しくて、お金というよりも、珍しいコインのような。

 

で、それは使わずに置いておくのだそうです。

 

そのうち「ポチ袋」では入りきれなくなって、今ではオシャレな小さな巾着というのでしょうか、そういうものに入っているらしいです。

 

知人は年末に両替して500円硬貨を集めておきます。

それを訪ねてきた親戚一同に配るのです。

最高で50枚渡したと言っていました。

まあ、もらう方も「縁起物」という気分らしく、喜んでいるとか。

 

これが「お年玉」だな、と納得しました。

 

 

 

金額よりも毎年の「ご祝儀」

 

お年玉の合計が何十万とかになる人もいるそうです。

まあ、人それぞれでいいと思いますが、お年玉は親戚同士で毎年やり取りすることが多いですよね。

 

毎年の恒例として、「新年おめでとう」の挨拶と共に渡すものならば、単に現金というだけでなく、プラスαがあったらいいと思います。

 

昨年よりひとつ年を取った、という喜びを、また、無事にひとつ年を重ねた、という幸せを1枚増えた500円硬貨に託してみるのもいいのではないでしょうか?

 

渡す側も、もらう側も、とても嬉しそうです。

 

 

 

まとめ

 

お年玉はいくつまで渡すのか、とか、何歳までもらっていますか?とか。

とかく世間が気になります。

 

でも、決まりがあるわけでもなく、しなければいけないことでもありません。

 

これからでも、自分なりの、あるいは家族なりのルールを作ってみたらどうでしょう。

 

 

 

Originally posted 2016-12-28 14:48:09.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP