「おみくじ」の意味と効用

「おみくじ」は一年中ありますが、やはり神社に初詣に行った時にひくのことが多いかもしれません。

ひいてみると、まず「大吉」とか「吉」とか「凶」とか書かれています。

また、そのあとに「待ち人来らず」、とか「失せ物」とか様々なことが書かれています。

読めばわかるのですが、簡単にご説明します。

 

 

おみくじの意味

 

「大吉」「中吉」「小吉」「吉」「「末吉」「凶」「大凶」

これが最も一般的な7段階のおみくじです。

ほかに12段階のものもあります。

どんな結果であっても、「大吉」だから良い、「凶」だから悪いというものではなく、大事なのは書かれている内容です。

内容を読んでみると「凶」でもいいことが書かれていたりするので、悲観する必要はないのです。

 

「待ち人」とか「失せ物」とかの項目がありますから、丁寧に読んでみるといいですね。だいたいの意味はわかるはずです。

おみくじには決まった期間はないので、その日だけ、あるいは一年、捉え方はそれぞれでいいのです。

 

 

意味がわかったら「置き場所」を決めましょう

 

神社には「おみくじ」を結ぶ場所があります。

周りを見ればむすんである「おみくじ」があるはずです。

同じ場所に結んでもいいですし、持ち帰ってもかまいません。

内容を受け取る人の気持ち次第なので、基本的には「お好きにしてください」とうことになります。

だいたい日本の神社、というか古来からの教えはおおらかです。

日本古来の神は明るいおおらかな存在なのです。

ですから、自分のいいように解釈してください。

「もっとひいてみよう」でもいいので、何度ひいてもいいのです。

ただ、そのへんに捨てたりはしないでくださいね。ゴミになったら迷惑です。

 

 

結論おみくじの効用

 

 

おみくじは楽しくひくようにしましょう。

神社に行く事自体が、そうあることではありません。

初詣か七五三、あるいは結婚式くらいでしょうか。

ですから、そういった日の記念でもいいですし、思い出でもいいでしょう。

内容を丁寧に読んで、心に少し留めておいたらいいのです。

日々の暮らしのちょっとした指針、あるいはアドバイス、または希望。

受け取り方は自由です。

日常を少し豊かに、少し変化をつけて、楽しんでみましょう。

 

Originally posted 2016-01-06 22:11:58.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP