「年賀状」はいつまで使えるでしょうか。(関西)

年賀状にはもちろん「賞味期間」があります。
これは季節限定ですから、とんでもないときに使う、というわけにもいきません。

 

 

「小正月」まで、でも関西と関東では違うようです

 

関西では1月15日が「小正月」(こしょうがつ)といって、正月の終わりになります。

ですから、このときに「鏡開き」をしますし、お正月飾りを片付けるのもこのときです。

従って「年賀状」も15日まで、になります。

こちらから出すのであれば、元旦に書いて出すのがいいでしょう。
元旦に届くようにするには、もちろんもっと早くに出さなければいけません。

 

ただし、15日までといっても、相手の方に15日までに届くように出すほうがいいですね。

15日をすぎるようなら、普通のハガキで「寒中見舞い」にします。

「寒中見舞い」は「寒中」つまり「立春」の前日まで使えます。
概ね2月3日くらいです。

 

 

関東では

 

そもそも1月7日までが松の内、お飾りを片付けるのも7日、年賀状も7日まで
・・・・らしいです。
その根拠は徳川幕府にあるようですから、興味のある方は調べてみるといいでしょう。

関西地方は、そのような影響があまりなく、古来からの伝統が生きています。

 

 

使い切れなかった年賀はがきは

郵便局に持っていくと手数料(1枚につき5円)はかかりますが、ハガキや切手に交換してくれます。
余った年賀はがきや、書き損じた年賀はがきは、普通のハガキに交換するだけでなく、レターパックにも交換できます。(郵便局で確かめましょう)

ただし「お年玉付き」ハガキの当選番号の発表は2016年は1月17日です。

ここで確かめてから交換を考えましょう。

また、余った年賀ハガキは懸賞の応募には使えます。
「年賀」というところを線で消しておくといいです。

 

 

まとめ

 

年賀状を出す人は年々減っているらしいです。
郵便局でも、呼びかけているようですが、やはり「形」が残るのは嬉しいですね。

年に一度のご挨拶ですから、相手の方にも喜んでいただけます。
「喪中」でも「寒中見舞い」ならば大丈夫です。
返事が遅くなってしまったら(15日を過ぎるようなら)「寒中見舞い」

 

近況を伝えるだけでもいいのです。

一枚のはがきでの「縁」を大切にする気持ちが伝わるハガキを書きたいものです。

 

 

 

Originally posted 2016-01-05 03:53:03.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP