祇園祭の知っておきたいミニ知識

祇園祭をもっと楽しむために、いくつかの基礎知識を知っておきましょう。

 

 

「くじ取らず」とは

 

山鉾巡行の順番は、毎年くじによって決められます。

 

ところが9基だけは、くじをひかず、巡行の順番が決まっています。

この9基のことを「くじ取らず」と言います。

 

山鉾の中で最も古いといわれる「長刀鉾」(なぎなたぼこ)は「くじ取らず」のひとつです。

 

毎年、必ず巡行の先頭になります。

復活した「大船鉾」が殿(しんがり)です。

 

5番目が「函谷鉾」

21番目が「放下鉾」

22番目が「岩戸山」

23番目が「船鉾」

24番目が「北観音山」、これが後祭の先頭です。

25番目が「橋弁慶山」

29番目が「南観音山」となっています。

 

 

「山鉾建て」とは

 

前祭・後祭は「山鉾建て」から始まります。

山鉾を組み立てる作業のことを言います。

 

山鉾は釘をいっさい使いません。
専門の「大工方」が「縄がらみ」という伝統的な方法で組み立てていくのです。

巡行を終えた山鉾はすぐに分解され保存されます。

 

前祭の山鉾巡行の翌日、後祭の山鉾建てが始まります。

これを見るのも楽しみなものですよ。

 

 

山鉾に「登れる」 山鉾を「曳ける」

 

山鉾の中には一般の人が登れるものがあります。

 

会所でちまきや、搭乗券(1000円くらい)を購入します。

 

が、一般搭乗が可能な山鉾は33基中8~9基で、女性は搭乗できないものもあります。

 

山鉾建てのあとの試運転に当たる「曳き初め」

これは一般の人も曳くことができます。

 

この綱を曳くと一年間の厄除けになると言われています。

 

 

「神幸祭」と「還幸祭」

 

「神幸祭」とは7月17日に3基の神輿が八坂神社から四条寺町の御旅所に向かいます。

 

八坂神社の前で神輿を高く上げる「差し上げ」が見どころです。だいたい18時くらいに行われます。

 

7月24日には、神輿が御旅所から八坂神社に戻ってきますが、これが「還幸祭」です。

「還幸祭」の方が人が少なくて、ゆっくり見られます。

 

 

山鉾巡行が見られる有料エリア

 

全席指定席の有料観覧席があります。

巡行は午前中です。

3180円。

前祭は1万3000席、後祭は2300席くらい。

 

京都市観光協会の有料観覧席のご案内は

こちらから。

 

お問い合わせ

075-561-6155
八坂神社

075-752-7070
京都市観光協会

 

 

おまけ・必須アイテム

 

祇園祭はまだ梅雨明け前です。

傘は必須グッズです。

また、ペットボトルなどの飲料水も持参しましょう。

京都は暑いです。

無料で配られるうちわがありますから、ゲットしましょう。

 

Originally posted 2016-05-29 05:10:01.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP