祇園祭のスケジュールと見どころ

「祇園祭」とは、京都・八坂神社の祭礼で、日本三大祭りのひとつです。

平安時代から1100年の歴史があり、「疫病退散」を願う様々な神事が行われます。

 

7月の1カ月間に渡る「祇園祭」

 

祇園祭は7月1日から31日まで行われます。

7月1日の「吉符入り」・・・・・祭りの無事を祈願する神事。

7月2日「くじ取り式」・・・・・山鉾巡行の順番を決めるくじを引きます。

7月10~14日・・・・・前祭(さきまつり)・山鉾建て。

7月12・13日・・・・・前祭・曳き初め

7月14~16日・・・・・前祭・宵山・屏風祭り

7月17日・・・・・・前祭・山鉾巡行

7月18~20日・・・・・・後祭・山鉾建て

7月21・22日・・・・・・後祭・曳き初め

7月21~23日・・・・・・後祭・宵山・屏風祭り

7月24日・・・・・・後祭・山鉾巡行

7月31日・・・・・・疫神社夏越祭

 

メインは神様をお迎えに行く「前祭」(さきまつり)とお見送りに行く「後祭」(あとまつり)です。

 

山鉾巡行は17日と24日です。

 

前祭では23基、後祭では10基の山鉾が巡行します。

 

 

宵山の楽しみ方

 

前祭の宵山では18時から四条通・烏丸通が歩行者天国になります。

阪急・烏丸、地下鉄・四条駅は大混雑です。

 

地下鉄・烏丸御池駅から歩けば混雑を回避できます。

 

祇園囃子が響き、山鉾の会所では粽(ちまき)やうちわが販売されます。

山鉾を見て、たくさんの屋台をまわって楽しみましょう。

 

 

山鉾巡行・前祭を見る

 

前祭と後祭では巡行ルートが逆周りになります。

 

前祭では23基の山鉾が巡行しますから、ぜひ見ておきたいですね。

 

どちらも迫力の「辻廻し」が見られるポイントは御池通と河原町通の交差点。

京都市役所ちかくです。

ここは道路幅が広く、視界がすっきりしていて、見やすいのです。

だいたい朝9時に四条・烏丸の交差点を出発した山鉾が10時30分位にここを通過します。

絢爛豪華な山鉾が方向転換をする様子は圧巻です。

 

 

後祭では「花傘巡行」を!

 

7月24日の後祭でしか見られない「花傘巡行」

八坂神社から京都市役所に向い戻ってきます。

やはり市役所前の御池通と河原町通の交差点が一番の見学ポイントでしょう。

10時から11時くらいに見られます。

子供神輿、祇園太鼓、花傘など1000人くらいの行列が巡行します。

とても芸術的な美しい光景です。

Originally posted 2016-05-28 00:06:45.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP