日本の城の入場料値上げ

姫路城、竹田城跡、小田原城など、歴史ブームもあって、城の入場者は増え続けているそうです。

老朽化によって改修した城もありますし、今後改修を検討中の城もあります。

日本の城、

どのくらい知っていますか?

 

 

改修が終わった姫路城

 

 

世界文化遺産で国宝でもある姫路城。

09年から始まった「平成の大修理」を終えたのが15年3月。

 

姫路城の天守閣は1601年に建てられたものですが、今回の「大修理」は40年ぶり。

 

外壁の修理のほかに、耐震補強もして、以前は600円であった入場料が1000円に引き上げられました。

これは日本の城で最高の料金です。

しかし15年度の入場者数は初めて日本一となったそうで280万人超だったとか。

確かに「白鷺城」ともいわれる美しい姫路城は、是非行きたい城です。

 

 

竹田城跡(兵庫県朝来市)

 

 

石垣遺構が残っているだけの場所で、以前はもちろん入場無料。

 

清掃担当の市職員以外は、近所の学校などの遠足しかなかったそうですが・・・。

 

2011年ごろから「天空の城」として話題になり、観光客が増えたそうです。

 

映画や最近ではCMの舞台にもなっていますね。

2015年には41万人が訪れたとか。

2013年から300円。

2015年から500円の入場料になっています。
この年、トイレが整備されたので、まあ、納得です。

 

 

小田原城と名古屋城

 

 

小田原城といえば北条氏の居城ですが、現在の天守閣は、1960年に再建されたコンクリート造りのものです。

 

コンクリートの寿命は40年ほどで、2015年7月から耐震改修工事に入り、2016年5月にオープン。

天守閣の入場料は500円になりました。

改修前は410円だったので、90円の値上がりです。

改修後は空調が整備され、トイレも最新のものになったとか。

 

一方の名古屋城は、現在コンクリートの天守閣を、木造に建て替える計画があるそうで、2020年の完成が目標のようですね。

 

完成したら、再建費用の関係で、入場料の値上げが必要になるというので、姫路城と同じ1000円に上がる可能性があります。

 

 

現在の主な城の入場料

 

 

沖縄・首里城 820円

大阪城  600円

彦根城  600円

松江城  560円

松本城  600円

熊本城  500円(地震前)

となっています。

 

日本独自の「城」という建造物には、歴史が生きています。

 

造形の美だけでなく、城が築かれ、使われ、滅びたあとも再建され愛される、日本の歴史を目で見られる貴重な遺産になっている「城」

 

やはり遺したいですね。

 

 

 

 

Originally posted 2016-05-24 11:05:42.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP