衣替えの由来と時期

衣替えはいつしてもいいようなものですが、学校や会社では衣替えの時期が決まっていますね。

まず「衣替え」の由来について調べてみました。

 

 

衣替えの由来

 

 

衣替えは平安時代の宮中行事から。
さらに、そのもとは中国の風習が伝わったものといわれています。

 

この衣替えをはじめは「更衣」と言ったようですが、「更衣」というのは宮中の女官の役職の名前でもあったので、「衣替え」と呼ぶようになりました。

 

旧暦の4月と10月に、夏物と冬物を入れ替えたのです。

旧暦の4月は「夏」のはじまり、10月は「冬」のはじまりです。

 

これが江戸時代になると、季節ごとに年4回衣替えをする、という定めが武家の間でできました。

 

明治時代になって、新暦が採用されると、夏服は6月1日から9月30日まで、冬服は10月1日から5月31日まで、と決められ、学校、官公庁、会社などでは今もこの時期が「衣替え」になっています。

 

 

衣替えの時期

 

 

既に述べたように6月1日は夏物へ、10月1日は冬物への「衣替え」をします。

制服がある学校や会社は、だいたい現在もこの時期を守っています。

 

しかし制服がない場合は自己の判断になります。

 

今は一年中そう変わらずに、上に羽織るものだけ変える人も多いですから、拘る必要はないかもしれません。

 

ただ、冬物のコートやジャケットは綺麗にして保管するとか、夏物は洗濯してよく乾かして保存する、といった衣類の保管の仕方は知っておく方がいいでしょう。

 

着ているものは、汗やほこりなどで意外に汚れています。

 

綺麗に洗濯し、家でできないものはクリーニングに出してから保管しましょう。

 

 

衣替えに合わせて衣類の点検・処分も

 

次のシーズンも着られるかどうか点検して、もう着られないものは処分しましょう。

 

長く大事にしたいものは綺麗にしたあと、型崩れしないように注意して衣装箱やクローゼットに保管
します。

 

この時、湿気は十分取ってから保管します。

 

冬物など嵩張るものはクリーニングしたあと保管してもらえるサービスがありますから利用するのもいいですね。

 

衣替えのシーズンには、部屋の片付けや掃除もしておくと、季節が変わっても快適に過ごせます。

 

特に高温多湿の日本の夏は、カビの防止が不可欠です。

 

衣食住全てをこの際に見直しておくといいですね。

 

それが昔からの知恵というものです。
しっかり受け継いでいきましょう。

 

 

 

 

Originally posted 2016-05-23 14:38:01.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP