6月の暦 二十四節季と七十二候

6月と言えばそろそろ梅雨入り。

二十四節季では、「小満」「芒種」「夏至」「小暑」あたりです。

「夏至」が6月21日ですから、「小暑」の頃がちょうど梅雨明けあたりですね。

 

「小満」・・・梅雨入り前の爽やかな時期

 

小満

テントウムシの時期でもあります。

現代の生活でも感じられる旬のものが「さくらんぼ」に「メロン」でしょうか?

「潮干狩り」もこのころですね。

スーパーでもサクランボとメロンが並ぶ時期です。

アメリカンチェリーも出てきます。

まあ、山形産のさくらんぼはちょっと高額ですから今は贈答用かも。

梅雨入りが近い。でも爽やかな気候の時期です。

 

 

芒種」・・・6月のはじめから中旬 そろそろ梅雨入り

 

 

アジサイが咲きはじめ、「田植え」の時期でもあります。

「芒種」の「芒」は穂が出る植物、たとえば稲や麦の穂先のこと。

この時期はそういう植物の種を蒔く時期なのです。

アジサイも「田植え」も雨が似合う光景です。

いよいよ梅雨入りですね。

また「トマト」がおいしい時期です。

でも今はほぼ一年中ありますが・・・。

 

 

「夏至」・・・・一番昼の時間が長い日6月21日 でも梅雨明けはもう少し先

 

 

「夏ミカン」「鮎」「オクラ」と夏のものが並ぶ時期です。

またこの時期は「半夏生」の季節です。

半夏生は花の咲く短い時期に、上部の葉が白くなるので、ひときわ目立つのです。

そのために「半化粧」とも言われます。葉が白くなるのは虫を呼び寄せる為だとか。

ですから、花が無くなると緑の葉に戻ってしまいます。

 

 

「小暑」・・・・梅雨明け。そろそろ「暑中見舞い」の季節になります。

 

7月はじめから中旬です。

夏が本格的に始まります。

そろそろセミが鳴き始めます。

ただし「7月」ですから詳しくは「文月」カテゴリーで改めて。

 

 

「梅雨」の雨は「しとしと」から様変わり??

 

 

日本の気候が変わりつつある、というのでしょうか?

梅雨時の雨の降り方が「豪雨」に近くなってきていますね。

被害が出ることも多く、かつての「梅雨」とは違ってきています。

 

かつては和歌にも歌われたように、

花の色は移りにけりないたづらにわが身(み)世(よ)にふるながめせし間(ま)に」(小野小町)

現代語訳

「花の色は色あせてしまったことよ、長雨が降り続く間に。むなしく私もこの世で月日を過ごしてしまった、物思いにふけっている間に。」

⇑ 小野小町が、”自分もいつのまにか年齢を重ねて容色が衰えてしまった、物思いにふけって眺め(長い雨)を見ている間に”と嘆いた歌です。

 

いまでは物思いにふけりながら眺めるような静かな雨ではありません。

これも時の流れ?

地球温暖化の影響でしょうか?

 

まあ、平安時代にも夏の終わりには「野分」(のわき)と言われる暴風雨がありましたが・・・。源氏物語に「野分」の章がありますね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP