「間隔をとる」意識がようやく定まってきた?。・・・「コロナ対策」

コロナ禍でようやく徹底されてきた、と思われること。

「間隔をあける」

たとえば、買い物に行けば、店内放送で「間隔をあけましょう」と注意喚起。

レジに並べば、足元には「間隔」を示すシールが貼ってあって。

「外」でも、ある程度の「間隔」を開けるのが定着してきたように思われます。

道を歩いていて、すれ違う時、互いに意識して「間隔をあける」ようにしていると思いますね。かなり実感します。

河川敷の公園でも、以前は気になっていた密着が減ったように見受けられます。

かなり「間隔」をとっている。

 

スーパーなどでは「マスク着用」を呼び掛けていますから、マスクをしていない人はあまりいません。

 

まあ、それでも時々マスクをしていない人がいますね。

ほぼ「おじさん」

歩いている人を見ると、夫婦で歩いている場合、かなりの確率で「夫」がマスクをしていない。

マスクが無いわけではないと思います。

奥さんはマスク着用していますしね。

 

こういうとき、女性の方が素直にマスクをしますが、男性はちょっとそうでないような・・・・。

自分は人に迷惑をかけない、と思いこんでいるのでしょうか?

 

そういう甘い考えが周りに迷惑なんですけど。

 

この人マスクしてないわ、という冷たい視線に気づいた方が良い、と思いますね。

 

あと、いまだに稀に、「隣の席」に座ってくる人がいます。

これも、ほぼ「おじさん」

ある種の嫌がらせか?と思うくらいに、平気な顔でやってきますね。

 

これはどういう心理なのか?

かなり意味不明です。

自分は大丈夫だから、人の迷惑にはならない、と確信しているのでしょうか?

まさに「根拠のない自信」というもの。

 

このような無責任さ、ひとりよがり、ある種の頑固さ。

そういう態度は精神の柔軟さが失われて居ることの表れであり、一種の「老化」でもあることに、もっと気づくべきでしょう。

「コロナ離婚」という言葉がはやりましたが、このような夫側の態度に愛想をつかす例が多いとか。

パチンコがやめられないのは「依存症」らしいですが、そのような「ギャンブル依存症」には100%同情しませんね。

そんな病気は早く治して、まともになって欲しいですし、自分だけで終わるものではなく、家族や周りの人の迷惑を考えるべきでしょう。

 

 

「密着を避ける」というのは、これまでの社会の在り方の変革につながります。

海外で「ハグ」が危険という意識がたかまり、結果これまでのような「挨拶」「礼儀」の習慣を見直すようになったとすれば、それは必要なことでしょう。

会社に出勤しなくても仕事ができる、というのなら、そういう体制に今後はなってゆくでしょうし、必要な人材とそうでない人も次第に明らかになるのでしょう。

 

コロナ禍はすぐには収まるとも思えませんから、社会生活の再スタートにあたって、これまでの生活や習慣を見直す良い機会といえます。

そこに「人」は必要かどうか、職種によって違うでしょうが、そういう見極めというのか、必要か不要か、という判断が今後は重要ですし、「個人事業主」に当たる人は、ある程度のセーフティガードになるような「副業」を持つとか、自分を守るための手段を探すべきでしょう。

 

社会は必要に応じて変容していきますし、それに対応できる柔軟さがないと今後はやっていけないでしょう。

コロナ禍は、ひとつのきっかけにすぎません。

これをどう生かすか。

 

よく考えておきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP