5月5日は「端午の節句」ですが節句は5つあります!

節句、もともとは『節供』と書きます。

で、江戸時代に五節供という、いわば重要な行事の日を決めたのですね。

宮中の行事でもあったのですが武家社会にとっても、主に農村につたわる民俗行事でもあって、この伝統は守るべきと考えられたのです。

その五節供とは、

正月7日の「人日」(じんじつ)・・・七草がゆの日

3月3日の「上巳の節供」(じょうし)・・・桃の節句

5月5日の「端午の節供」(たんご)・・・菖蒲の節供

7月7日の「笹の節供」(ささ)・・・七夕

9月9日の「重陽の節句」(ちょうよう)・・・菊の節供

です。

桃の節句は女の子の、端午の節供は男の子の節句ですね。

『菖蒲』というのは武士にとっては「尚武」につながり、立身出世を願うことにもなったのです。

9月の重陽の節句は長寿を祝う節句で、宮中では「観菊の宴」などを開きましたが、99歳までの長寿というのは珍しく、民間では広まりませんでした。

 

端午の節句

 

5月5日は「端午の節句」

「こどもの日」ですね、特に男の子の節句です。

今でもこの日にはこいのぼりをたてたり、鎧兜を飾って健やかな成長を祝い願います。

昔は菖蒲の花を髪に飾った貴族が集まって祝った様ですが「菖蒲」は「尚武」に繋がるとして鎌倉時代あたりから武士の男の子の節句となり、江戸時代には庶民にも広まったようです。

この日に「ちまき」を食べるのは中国から伝わった習慣です。

 

現在では「こどもの日」もゴールデンウィークの一日になってしまったような気がしますが、男の子のいる家では、やはり「こいのぼり」が立っていますし、鎧兜も飾られていますね、小さい頃は。

 

 

『六日の菖蒲、十日の菊』って知ってますか?

 

 

「むいかのあやめ、とおかのきく」と読みます。

慣用句で、菖蒲の節句は5日、菊の節句は9日ですから、どちらも間に合わない、つまり「手遅れ」である、「後の祭り」である、という意味です。

参考までに。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP