菜種梅雨!!「春」を待つ気持ち

雨に濡れる花。

 

3月半ばの雨は「菜種梅雨」

 

乾燥した冬が終わるころ、しっとりした空気をはこんでくれます。

これで、木々も草花も、春に備えて水分を蓄えます。

「ひと雨ごとに暖かくなる」

これが実感されるのも、この季節。

二十四節季でいうところの

「啓蟄」3/5~3/19

「春分」 3/20~4/3

の時期です。

 

「菜種梅雨」というのは、菜の花が咲くころの長雨をさしますが、天気用語というのか、梅雨時の天気図とよく似た前線の配置になっていることから、そう名付けられたようです。

ですから、二十四節季のような古くからの用語ではないのですね。

ただし、次第に暖かくなる、というのは「啓蟄」(地中の虫たち目覚めるころ)という言い方に表れていますね。

冬が「春」に変わるころは、暖かさがやってきて、花が開き始めるという、気持ちが踊るよう喜びの時期であり、春がやってくる喜びがいろいろな部分で語られ、伝えられて、言葉として残ってゆくのでしょうね。

 

 

特に今年2020年は、コロナウィルスによる肺炎が世界中を席捲していて、人々の生活・経済を圧迫しています。

 

春がくることで、その流行が抑えられるのか、まだわかりません。

 

ですから、春が来る喜びも、まだ半ばほど?

 

 

良い未来が待っていることを願っています!

 

Originally posted 2020-03-08 17:50:55.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP