芦屋 打出小槌神社

芦屋市に「打出小槌町」(うちでのこづちちよう)があるのを、ここで暮らすようになってから知りました。

打出小槌町は、阪神打出駅の北側、国道2号線の南側にあります。

もちろんここに打出小槌神社もあって、その境内に上記の打出小槌の碑があります。

神社全容はこんな感じ。

⇑こちらは絵馬の奉納所。

絵馬がたくさんありました。

 

さらに、こんな説明書もありました。

⇓  ⇓

打出小槌と言えば、願いが叶うツール?

確か、退治された鬼の宝物でしたっけ?

これを振ると欲しいものがでてくるとか。

昔話では「一寸法師」の話に登場して、鬼を退治してこの小づちを手に入れた「一寸法師」は姫に小づちを振ってもらい、美しい貴公子(もちろん身長も伸びて)となって幸せに暮らしました、という結末になっています。

桃太郎も金太郎も(こちらは大人になってからですが)、「鬼退治」を行って、鬼の宝物を手に入れて幸せに暮らす、というのが昔話の定番です。

勧善懲悪が昔話の基本とは言え、ちょっと鬼が不憫になります。

桃太郎のような子供や動物たちに目の敵にされてやっつけられ、宝は奪われて、「退治」されてしまうのですから。

 

陰陽師の話に出てくる「鬼」は、人の執念や怨念が形を変えたもの、とされていますね。

そういう意味では、「鬼」は常に生き続けているのかもしれませんね。

 

 

・・・・ともあれ、「打出小槌町」は今も残っていて、「打出小槌」」の話を伝えています。

 

芦屋には「在原業平」にちなんだ「業平橋」、楠木正成にちなんだ「楠町」もあって、このあたりの歴史を今に残しています。

 

できれば桜が満開になるころに、このあたりを散策されることをお勧めします。

 

 

 

 

Originally posted 2020-02-02 09:54:39.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP