絵馬の書き方と歴史、大事な「願ほどき」

絵馬は良く知られていますね。

神社に行くと、おみくじと絵馬を掛ける場所が必ずあります。

とくに受験や縁結び、家内安全など、お願い事をするときには、例えば受験なら天神さま、にお参りします。

現在の暮らしに、最も密着している神社との関わり方ですね。

 

 

絵馬の歴史

 

 

昔、奈良時代以前は、生きた馬を奉納していたようです。

雨を請うときは黒馬、雨が止みますようにと願うときは白馬を奉納したそうですが、さすがに生きた馬を奉納するのは大変なので、木の板に馬の絵をかいて奉納するようになったそうです。

奈良時代の遺跡(稗田遺跡など)から絵馬が出土していることから、奈良、平安時代には絵馬が奉納されていたことがわかります。

これに、絹や米などを添えて奉納したのですね。

 

鎌倉時代以降になって、さまざまな図柄の絵馬が作られ、庶民にも絵馬を奉納する習慣が広まりました。

 

安土桃山時代には、豪華絢爛になり、狩野派の画家の描いた絵馬もあったそうです。

 

江戸時代になると小型化して、現在のものに近くなり、縁結びなど、暮らしに密着した願い事が主になってきます。

図柄も馬だけでなく、干支の動物や神様の姿(布袋様とか)が描かれるようになりました。

今では形も円形のものや、家の形のものなど、さまざまです。

 

絵馬の書き方

 

既に印字してあるものもありますが、やはり心を込めて願い事は自分で書きたいものです。

そのほうが神様に届きそうですしね。

達成したい目標を具体的に書きます。

受験なら学校名、学部名など。

そして、住所、氏名。年齢も記入します。

絵馬の奉納場所は決まっていますから、決められた場所に奉納します。

 

 

奉納の後には「願ほどき」

 

絵馬を奉納したあとは、結果の報告をしましょう。

目標が達成できたらお礼を、達成できなかったとしても報告を!

普通に参拝してお詣りして御礼や報告をします。

これを「願ほどき」といいます。

参拝の方法はこちら。

日本の暮らしと「八百万の神」・・・・・まずは新年の神様とは?

 

何か願いごとがあると、神社にお詣りに行く。

私の母も、受験や安産のお守りをよくいただいてきていました。

初詣にも行きますしね。

 

神社は清められた場所であり、シンプルに「ご利益」を求めて出かける場所でもあります。

暮らしに密着している場所とも言えます。

 

そういう、信仰というほど仰々しくなくて、自然に受け継がれてきた安心感と共にあるのが神社。

日本の暮らしには欠かせないアイテムだ!と思います。

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP