お食い初めとはどんな儀式?

最近「お食い初め」をする家庭が少なくなった
ような気がしていますが、地方によってはまだまだ
健在(?)のようですね。

 

 

「お食い初め」とはどんな儀式?

 

「お食い初め」はだいたい赤ちゃんの生後100日
くらいに、成長を祝うと共に、一生食べるに困らない
ように願いをこめて行われる儀式です。

 

「儀式」というとずいぶん形式ばっているようです
が、赤ちゃんが食べ物を食べるようなマネをする
のです。

 

食器を用意して、赤ちゃんに食べさせる形をとります。

口元までお料理を運んであげるのですね。

このときに使う食器は、昔は「祝い膳」といわれる
漆器の一式でしたが、今はベビー用の食器を使うこと
が多いようです。

また、このあと実際に使うことを考えればベビー用の
食器の方が合理的です。

 

献立は地方によっても違います。

一般的には、「一汁三菜」で、
尾頭付きの焼き魚(鯛など)と、吸い物、煮物、
香の物、これにご飯(赤飯など)になります。

 

「お食い初め」の会食フランが用意されている
ホテルやレストランがありますから、家庭でなく、
そういうプランを利用してお祝いするのもいいですね。

 

「お食い初め」のメニューを宅配してくれるサービス
もあるようです。

 

 

「お食い初め」の手順

 

年長者(両親でもいいのですが)にお願いして、
箸で取ったものを食べさせるマネをします。

 

正式には全てのメニューを一通り、3回くり返します。
ご飯⇒お吸い物⇒ご飯⇒魚⇒ご飯という具合です。

 

そのあと、
「歯固め」の儀式を行います。

 

箸で歯固め石に軽く触れて、その箸を赤ちゃんの歯茎
にそっと当てます。

 

これで「石のように丈夫な歯が生えるように」祈る
のです。

 

「歯固めの石」は、「お食い初め」の食器セットに
付いていることが多いです。

お宮参りの神社でもらうこともあります。

通販で購入することもできます。

地方によっては「石」ではなく、硬い栗だったり、
碁石を使うところもあるようです。

 

使った石は記念に手元に置いてもいいでしょう。

 

 

招待されたら「お祝い」は?

 

 

招待されたときは、だいたい「祝い膳」の金額、つまり
食事代を目安に現金を包むといいでしょう。

 

紅白、または蝶結びの水引に、「御初膳御祝」「祝御初膳」
などの表書きを書きます。

 

食器一式をお祝いに贈ることもありますが、既に贈られて
いることもあるので、確認してから贈るほうがいいですね。

 

 

 

まとめ

 

赤ちゃんの成長を祝う「お食い初め」ですが、これを
機会に、地域の伝統を知るのもいいですね。

 

婚家や実家の「お食い初め」の伝統を知るチャンス
でもあります。

 

せっかくのお祝いごとですから、赤ちゃんのために
家族で行いたい行事です。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP