「敬老の日」発祥の地は兵庫県多可町!

知っていましたか?

「敬老の日」は兵庫県・多可町が「としよりの日」を定め、
その日に町で「敬老会」をしたのが始まりだそうです。

昭和22年9月15日のことです。

 

 

 

なぜ9月15日?

 

 

昭和22年といえば、まだまだ戦後の混乱期です。

いわゆる占領下時代で、日本国憲法がようやく施行された
年なのです。

 

昭和26年に平和条約が署名され、翌27年に発効され、日本は
晴れて戦争状態を終了したのです。

つまり昭和22年は、まだマッカーサーの占領時代で、配給
ヤミ市といった時代でした。

 

兵庫県多可町という、そういう混乱から離れた場所だから
こそ「敬老会」も可能だったのでしょう。

 

また、老人の力があってこその農業であり、収穫だった
という面もあったでしょう。

 

9月15日というのは「農閑期」であり、気候もいい時期
なので選ばれたようです。

 

その後昭和41年(1966年)に「国民の祝日」として
「敬老の日」と定められました。

 

 

 

祝日法の改正(ハッピーマンデイ制度)

 

 

この制度によって「敬老の日」は9月の第3月曜となりました。

土日を含めて3連休を作ろうということでこの制度は
できました。

が、固有の日にちに拘っている「建国記念日」「文化の日」
「勤労感謝の日」などに対して、
「成人の日」は1月第2月曜、
「海の日」は7月第3月曜、
「体育の日」は10月第2月曜、

となっていて、歴史的な意味づけが失われているように
思われます。

日付を残したものと、そうでにないものの境はどこに
あるのか、やや疑問は残ります。

 

ちなみに
「成人の日」は1月15日 旧暦の「小正月」より

「海の日」は7月20日 1876年明治天皇が巡行の航海
から横浜港に帰着した日

「体育の日」は10月10日 1964年東京オリンピック開会式の日

でした。

 

やはり由来を知り、歴史を知ることは必要と思えます。

 

(「敬老の日」については、ま、いいかな、ですが)

 

 

 

「敬老の日」の「今日的」意味

 

 

老人に敬意を表する日を定めている国はいくつかあります。

パラオでは5月5日が祝日。

そのほか、
アメリカ合衆国、カナダ、中華人民共和国なども祝日では
ありませんが、記念日としています。

 

現在、高齢化が進んでいる日本の場合、
そもそも「敬老の日」は何歳からが対象なのか?

某アンケートでは「70歳以上」という答えが半数近い
そうです。

 

しかしながら、20代~40代では「60歳以上」という答え
が多いそうで、このあたりに「当事者」と「若い世代」
とのギャップが感じられますね。

 

孫がいる若いおじいちゃん、おばあちゃんもいますから、
各家庭のありかたによって、さまざまな「敬老の日」が
あるのでしょう。

 

高齢者が楽しく過ごせる場が増えてほしいと思います。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP