税理士の受験資格と試験内容

税制はしばしば改正されますから、企業では税については
全面的に税理士に依頼しています。

個人事業主もそうですね。

税理士は、税の専門家として非常にニーズの高い
スペシャリストといえます。

 

 

受験資格

 

次の条件のどれか一つを満たしていること。

① 大学・短大・高等専門学校で、法律学または経済学
に関する科目を1科目以上履修して卒業した者

② 法律学または経済学に関する科目を含めて62単位
以上を取得した大学3年生以上の者

③ 司法試験合格者

④ 日本商工会議所主催の簿記検定1級合格者、または
全国経理教育協会主催の簿記能力試験上級合格者
(昭和58年度以降の合格者に限る)

⑤ 一定の専門学校の専門課程を修了した者で、法律学
または経済学を1科目以上履修した者

⑥ 法人または事業を行う個人の会計に関する事務に
2年以上従事した者

⑦ 銀行。信託会社、保険会社などにおいて、資金の
貸付・運用に関する業務に2年以上従事した物

⑧ 税理士・弁護士・公認会計士などの業務の補助
事務に2年以上従事した者

 

このように、学歴(①②⑤)、資格(③④)、職歴
(⑥⑦⑧)と3つの受験資格の取り方があります。

 

 

試験内容

 

会計学2科目 『簿記論」「財務諸表論」

税法3科目     ① 『所得税法」『法人税法」のどちらか。
②『相続税法」
③『消費税法」「酒税法」のどちらか。
④「国税徴収法」
⑤『住民税」『事業税」のどちらか。
⑥『固定資産税」

以上の①から⑥のうちの3科目

会計学2科目、税法3科目の合計5科目に合格すると
資格が与えられます。

一度に5科目を受験する必要はなく、何年かけても5科目
に合格すればいいのです。

 

 

受験料・試験日・試験場所

 

受験料 1科目 3500円 2科目 4500円
3科目 5500円 4科目 6500円
5科目 7500円

試験日 8月上旬

試験場所  北海道、宮城、埼玉、東京、石川、
愛知、大阪、京都、広島、香川
福岡、熊本、沖縄

 

ちなみに、2016年のデータですが、合格率は15,8%
でした。

詳しくは最寄りの各国税局に確認しましょう。

 

 

資格取得にかかる期間・費用その他

 

大体2~6年かけるケースが多いようです。

独学では厳しいので、専門学校や資格スクールに通う
ことになりますが、費用は学校やコースによって
さまざまです。

大まかに言って100万円くらいと考えるとよいでしょう。

 

資格を得るには、
試験科目の選択が大事になります。

 

どの学科から受験するか、得意科目を選ぶ必要が
あります。

点の取りやすい科目から確実にとっていきましょう。

 

 

まとめ

 

税理士は多くが独立開業しています。

企業内で、経理部門などで活躍している人もいます。

税の専門家として今後も需要が見込まれます。

 

企業ではグローバル化が進んでいるので英語関連の
資格も取っておくと有利です。

 

さらに社会保険労務士やファイナンシャルプランナー
の資格も取っておくと差別化ができて業務上も有利
になるでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP