住民票の取り方 どこでどうやって?

「住民票」は運転免許、賃貸契約、就職、結婚、
パスポート、年金、相続、資格取得などさまざまな
ところで必要になります。

 

住民票はどこで取れるのか知っておきましょう。

 

 

 

住民票とはどんなもの?

 

 

住民票というのは、日本において市町村や特別区で
作成される住民台帳に記載されている記録のことです。

 

ここには氏名、生年月日、性別、世帯主との関係、戸籍、
住民となった年月、マイナンバー、保険に関する事項
などが記載されています。

 

普通は「住民票の写し」が交付されますが、その記載事項
は本人の氏名、生年月日、住所などです。

 

請求すれば、世帯主、続柄、本籍などが記載された住民票
の写しを交付してもらえます。

 

 

住民票の写しの請求と交付はどこで?

 

 

住民票の写しは住所が登録されている市区町村の役所
で請求できます。

 

本籍地の記載のある住民票の写しはこの役所でないと
請求できませんが、本籍の記載のないものであれば
全国どこの役所でも請求できます。

 

請求に必要なものは身分証明書と印鑑ですが、役所に
よって違いがありますから確認しておくとよいでしょう。

 

また、請求できるのは、本人か同居の家族で、代理人
による請求はできません。

 

請求書類に記入して提出し、少々待てば交付されます。

料金はだいたい2~300円くらいです。

 

 

 

コンビニ交付もあります。

 

 

マイナンバーカード、または住民基本台帳カード
があれば、全国のコンビニでも住民票の写しを
取得できます。

コンビニなら、朝早くから(6:30くらいから)
夜遅く(23:00)まで利用できますし、土日祝日
(年末年始を除く)でも大丈夫です。

また役所より料金が安くなることが多いです。

 

ただしどのコンビニでもいいのではなく、全国共通
で利用できるのは、
セブンイレブン、
ローソン、
ファミリーマートです。

このほかにも地域によって利用できるコンビニも
ありますから役所に問い合わせてみるといいでしょう。

 

この場合カード作成時に登録した暗証番号が必要です。

覚えていますか?

筆者は暗証番号を忘れてコンビニで慌てた経験があります。

 

念のため、確認しておきましょうね。

 

コンビニでは、
住民票の写し以外に、
印鑑登録証明書、
戸籍証明書、
各種税証明書なども取得できます。

 

カード作成時にコンビニで取れる書類についての
説明書も渡されますからチェックしておくといいですね。

 

 

Originally posted 2017-07-19 11:25:48.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP