京都から天橋立に行き、絶景ビューに大満足

 

日本三景のひとつ天橋立

 

 

「天橋立」は日本三景のひとつです。

ほかの二つは宮城県の松山、広島の厳島です。

それぞれ海辺の美しい景色ですね。

島国である日本の自然が作り出した美といえます。

その「天橋立」に行ってきました。

 

 

 

京都発特急「はしだて」号

 

JR京都駅から天橋立に行く方法は、電車のほかに、
高速バスがあります。

乗り場はJR京都駅中央口を出てすぐのバスターミナル
「C2」乗り場になります。

約2時間で料金は2800円です。

もちろん乗り換え無しの直通です。

ただし一日3本しかありません。
(8:55 12:40 18:00)

 

座席指定ですので予約しておくほうがいいですね。

予約は1ヶ月前から可能です。

帰りのバスは、7:18    12:58   17:05   です。

 

電車ですと「特急はしだて」号で直行できます。

約2時間、料金は4500円です。

特急の場合、4両編成で1、2号車は指定席、3、4号車は
自由席です。自由席は特急指定席料金(4500円)の520円
引きになります。

また、閑散期は200円引き,繁忙期は200円増しになります。

 

*JR特急料金の閑散期と繁忙期とは?

閑散期・・1/16~2月末。6月、9月。11/1~12/20

繁忙期・・3/21~4/5   4/28~5/6   7/21~8/31   12/25~1/10

 

特急はほぼ1時間に1本出ています。

終点「天橋立」駅のすぐ前が、「天橋立」ですが、
ホテル「天橋立」があるため、目の前が「橋立」という
訳にはいきません。

 

 

 

絶景ビューのレストラン

 

天橋立ホテルの隣のレストランは、目の前が海で、左手に
天橋立が見えます。

遊覧船が走るのも見えてゆっくり食事をしながら、景色
を眺めることができます。

ここから対岸(?)の傘松公園のケーブルカーの線路、と
いうのか、階段というのか、坂道というのか、それが
見えて、向こう側から眺める「天橋立」がいい、いいという
ので、行ってみることにしました。

 

こちら側から向こうの傘松公園に行くには、おトクな
「天橋立 傘松観光券」が便利です。

 

 

天橋立 傘松公園観光券

 

これは、天橋立~一の宮の観光船での往復と、ケーブル
またはリフトで傘松公園を往復するチケットがひとつに
なって、大人1人1500円(通常1620円)です。

観光船を一の宮で降りてケーブルの乗り場までは10分
ほど歩きます。

観光船片道とケーブル往復券のセットもあって、こちら
は大人1100円です。

天橋立は全長3.6キロありますから、ゆっくり歩くのも
いいですが、レンタサイクルもあります。

観光船とレンタサイクルがセットになった券もあります
から、どんなコースを選ぶのかよく考えてみましょう。

 

 

傘松公園からの絶景

 

ケーブルカーで約4分。

傘松公園スカイデッキから眺めると、こんな景色が見えます。

IMG_20170615_140953

 

足元にはケーブル・リフトの線路、遠景には
天橋立と山々です。

スカイデッキの周りには売店もあってこの日は
ソフトクリームが人気でした。

 

 

天橋立ライトアップ情報

 

7月15日~8月31日は天橋立がライトアップされるそう
です。

お問い合わせはこちら。

天橋立駅観光案内所
0772-22-8030

 

ほかに「オプショナルツアー」もあります。

こちらを参考にしてみてください。

大阪から行く天橋立

Originally posted 2017-06-16 10:57:14.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP