インターネットで「購入」する「情報」とは

日用品から家具・家電、もうあらゆるものがネットで
買える時代です。

そうなると、ブログもFacebook,Twitterも、もの
を売るための手段になってゆくようです。

その甚だしいものが「メルマガ」で、登録した覚えが
ないものまでが続々と届き、その全てが何かを売ろう
とするのです。

 

 

画一的な「情報」の売り方

 

売る「もの」は日用品ではなくよくわからない「情報」
です。

しかも、ほとんどが「儲かる情報」

 

この世はいまや「情報」を得たものが勝つ、といわん
ばかりの、これを知らなければ「損」ですよ、といった
売りつけ方。

メルマガの書き方、メルマガ発行者の「自分」が何者
であるかの説明の仕方、売りつける「商品」のページ
は今やほとんどが「動画」で、この動画にコメントなど
を求める形。

これがどうやら「定番」らしく、読み手を馬鹿にして
いるのではないか、と思うくらいに全てが同じです。

 

で、結局は「自分」のようにメルマガを発行すれば
儲かりますよ、それにはここで学べばいいのです。

とか、こんな「塾」があります、こんな「スクール」
があります、値段は何十万とか。

 

今もそういうところで「学ぶ」人が多いのでしょうね。

 

買う側ではなく「売る」側に廻らなければ儲からない。

 

その根底にあるのは、「インターネット」で儲けたい
という「夢」と儲かるはずだという「幻想」

 

「幻想」では無く実際儲けている人はいるのだろうと
思います。

 

しかし、高い料金を払って教えてもらって同じことを
して儲かるのでしょうか?

似たようなメルマガを見ながら思うのです。

 


「FX」「転売」「仮想通貨」・・・

 

 

こういうもので儲ける為の方法が紹介されています。

「成功」者が語る「成功」した方法。

この方法なら間違いないから、これを学びなさい、と。

 

そう言われて安くない情報を買う人が多いのです。

 

が、買ってみるものの、うまくいかなければ次の
情報を買う。

さらに別の情報を買う。

こういうお得意さんがいるから、売り手はみんな同じ
方法で同じ流れの文章、同じような「動画」を作成
し続けるのです。

 

インターネットはそんな得体の知れない「情報」が
溢れています。

 

ですから賢い消費者になることが重要です。

 


まとめ

 

 

インターネットで大金を儲けた人は確かにいる
でしょう。

しかしいつの世でも、儲けた少数の人と、儲からない
多数の人がいるのです。

 

ただ、インターネットのお陰で、たぶん可能性は大きく
なっているでしょう。

 

選択するのはあなたです。

が、結果を出すためには何でもそうですが、
それなりの努力は必要でしょう。

 

まずはその「情報」は確かなのか、そこを見極め
なければなりません。

それが一番難しいことですが。

 

様々な情報が溢れるインターネットの世界。

それも今の日本の暮らしの一部分なのです。

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP