「黄砂」がやってくる!

世界は狭い、というのか、中国なんとかならないの?
というのか、とにかく「黄砂」がやってきます。

飛んでくるものはどうしようもありませんから、
何とか自衛しなければ。

 


「黄砂」による症状

 

咳・鼻水・くしゃみ

発熱、

目のかゆみ・充血、

花粉症の悪化、

アレルギー性結膜炎の悪化、

皮膚のかゆみ、

アトピーの悪化

 

などがあるようです。

 

私もくしゃみと鼻水、喉のイガイガが酷いです。

これは花粉以上に小さい「黄砂」の粒子によるもの
ですから花粉症用のマスクでは間に合わないという
ことになります。

つまり
「風邪のウイルスを通さない」ようなマスクを使わ
ないといけません。

そんな小さな粒子ですから、上記のような症状が
急に表れて困ったことになるのです。

 

実際、突然、喉は痛い、くしゃみは出る、目がかゆい、
と、ほぼ全ての症状が出てびっくりです。

 


対策は?

 

「黄砂」は大気汚染です。

この言葉は「発展途上国」とか、かつての「日本」を
思わせます。

みんな通ってきた道ではありますが、まさかこんな
ふうに飛んでくるとは想定外でしたね。

 

まずは「外に出ない」こと。

洗濯物は外に干さずに「部屋干し」

「窓」を開けない。

という具合に、とにかく「黄砂」を避けることです。

「黄砂」が飛ぶかどうかは天気予報でチェック
できますから、危ない日はできるだけ外出しない
のが一番です。

 


「有毒物質」が黄砂にはたくさん付着している

 

黄砂にはたくさんの有害物質が付いているので
吸い込まないようにすることが第一です。

ですからマスクの装着とできればメガネの装着
もすると効果があるようです。

 

要するに「黄砂」が体内に入るのを少しでも、
防ぐように対策することが大事です。

 

この少しの努力が身体にとっては大きな違いを
生みますから、「黄砂」は有害物質のかたまり
と意識して、シャットアウトするようにしましょう。

 

 

 

Originally posted 2017-05-08 06:01:59.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP