「清明」二十四節気

「清明」とは二十四節気のひとつです。

和暦の「春」は二十四節気のうち、立春・雨水・啓蟄・
春分・清明・穀雨 の期間になります。

ちなみに、「夏」は立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑

「秋」は立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降。

「冬」は立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒です。

 

 

『清明』とは4月4日~4月19日頃

 

「春分」のあと、いよいよ春本番になってゆく頃が
『清明』です。

その言葉通り、清らかで美しい季節、花が咲き、空
が澄み、鳥が渡ってきて、一番美しく爽やかな時期です。

『清明』には七十二候のうち、次の三候が当てはまります。

「玄鳥至」・・・「つばめきたる」と言います。
冬の間は暖かいところで過ごしていたツバメが渡って
来る時期。ツバメがやってくると春本番です。
また農耕の時期になったことを表します。
(4/4~4/8)

 

 

「鴻雁北」・・・・「こうがんかえる」と言います。
ツバメがやってくる頃、雁は北に向かって帰って行き
ます。
(4/9~4/13)

 

「虹始見」・・・・「にじはじめてあらわる」
この時期には美しい虹が見られます。
(4/14~4/19)

 

特に七十二候を見ると、ツバメがやってくる光景、
雁が飛び立ってゆく光景を見る人の目線が感じられ
ます。
さらにこの時期の虹がひときわ美しいこと!

 

このような景色を見て季節を知り,生活の暦が
出来てきたことを思うと、四季のある暮らしの
豊かさが分かります。

 

いまや、短い春や秋を嘆く有様ですから、四季の
あることすら、昔語りになってしまう時がいずれ
やってくるのでしょう。

 

この時期の旬のものといえば、

新じゃがいも

スーパー等でそろそろ並ぶ頃ですね。

ほかには、サザエがあります。

年中ある「三つ葉」もこの時期が旬です。

 

 

まとめ

 

日本の生活は自然としっかり結びついていました。

 

しかし、今はどうでしょうか?

 

自然が変化し、環境が変われば、当然生活も変わります。

 

いたずらに、変化を嫌っても仕方がありませんが、
それでも残っている自然に時には目を向けてもいいでしょう。

 

『清明」という言葉は、ほとんど使われることがありません。

 

言葉もまた、時代と共に変化していきます。

 

そんな移り変わりの中で、どこかでこの言葉が記憶
に残り、誰かに使ってもらえたら、この言葉の「言霊」
がきっと喜ぶでしょう。

 

言葉には「言霊」があって、思うだけでなく発せられて
こその「言葉」の力、と古代の人は考えていたのです。

 

「ああ、今は”清明”という時候なんだよ」と誰かに
言ってみませんか?

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP