二十四節気と「食」

二十四節気の「食」をまとめてみました。

それぞれの時期に、その時期ならではの食材があります。

それが「旬」ですね。

「旬」を味わう。

これも日本の暮らしの楽しみです。

 

 

 

「春」の「食」

 

立春(2月4日~2月18日) ふきのとう

雨水(2月19日~3月4日) 春キャベツ はまぐり

啓蟄(3月4日~3月19日) さより わらび

春分(3月20日~4月3日) つくし 帆立貝 桜餅

清明(4月4日~4月19日) さざえ 新じゃが

穀雨(4月20日~5月4日) 筍

 

 

「夏」の「食」

 

立夏(5月5日~5月19日) にんじん あさり

小満(5月20日~6月4日) らっきょう さくらんぼ

芒種(6月5日~6月20日) トマト しまあじ

夏至(6月21日~7月6日) 夏みかん あゆ オクラ

小暑(7月7日~7月21日) うなぎ にんにく

大暑(7月22日~8月6日) ゴーヤ

 

「秋」の「食」

 

立秋(8月7日~8月22日) 桃 とうもろこし

処暑(8月23日~9月6日)  ぶどう いわし

白露(9月7日~9月21日)  さんま かぼちゃ

秋分(9月22日~10月7日) さば かりん おはぎ

寒露(10月8日~10月22に日) くり はたはた

霜降(10月23日~11月6日) さけ 柿 生姜

 

 

「冬」の「食」

 

立冬(11月7日~11月21日) りんご れんこん 柿

小雪(11月22日~12月6日) 「かにすき鍋」 ほうれんそう

大雪(12月7日~12月20日)  たら だいこん シクラメン

冬至(12月21日~1月4日)  ゆず まぐろ くろまめ

小寒(1月5日~1月19日) ふぐ 七草粥

大寒(1月20日~2月3日) ぶり ごぼう きんかん

 

 

 

まとめ

 

「旬」というものがあまり感じられなくなっています。

それでも自然に、寒くなってきたら大根を煮る、
とか、「ぶりだいこん」が美味しい、とか。

やはりそれなりの季節感は残っているのではない
でしょうか?

 

ハマグリのお吸い物、

うなぎの蒲焼、

桜餅、

おはぎ。

 

周りの景色がなんとなくひとつになって浮かんでくる。

 

それが「暮らし」というものかもしれませんね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP