「太らない」お餅の食べ方

お正月には「お雑煮」ですね。

ついついお餅を食べ過ぎていませんか?

特に「お雑煮」はお餅が柔らかくなっていて食べやすいので、けっこうたくさん
食べてしまうのです。

お餅は1個でご飯2杯分とか言われていますが、さすがにそこまでは
いきません。でも食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

「太らない」お餅の食べ方とは

 

お餅の食べ方で人気なのは昔から「しょうゆ」で食べる。
焼いたお餅を醤油をかけて食べるのは美味しいですね。

そこで、しょうゆだけでなく、「大根おろし」をからめましょう。

大根おろしには、ビタミンcと、消化を助ける「ジアスターゼ」が含まれています。
便秘にも効くのですよ。焼いたお餅にたっぷりの大根おろしを絡めて、美味しく
いただきましょう。

また、「納豆」もおすすめです。

 

納豆も大根おろしも、「食事による血糖値の上昇」を抑える働きがあるのです。
この血糖値が上昇するスピードを測ったものが「GI値」です。
これは「グリセミック・インデックス」と言って最近よく使われる数値です。

この数値が低い食べ物ほど「太りにくい」のです。

「大根おろし」にも「納豆」にも、GI値を下げる働きがあるので、ぜひお餅に
絡めて食べましょう。

この「絡め餅」が一番のおすすめです。

もちろん、何でも食べ過ぎはいけません、

食事で食べるなら切り餅なら2個以内、丸餅なら3個以内にします。

 

 

次におすすめなのは「洋風」な食べ方

 

チーズやヨーグルトにもGI値を下げる効果があります。

チーズをたっぷり使ったお餅ピザもおすすめです。

例えば、野菜を多めに敷いてその上にお餅を載せます。
その上にチーズをたっぷり、ピザソースもかけてレンジでチン。

お餅がとろ~っとしたらいただきます。

これも食べ過ぎないように注意しましょう。

 

 

まとめ

 

このほかに、海苔を巻いた「いそべやき」

関西仕立ての「白味噌雑煮」もいいのです。

味噌は大豆の発酵食品ですから、納豆と同じくらい効果的。

大根などの野菜も一緒にたべましょう。

 

お餅は、腹持ちがよく、上手につかえばダイエットにも役立ちます。
よく聞く「お正月太り」は、どちらかといえば「運動不足」が原因です。
仕事が休みで家にいて、動かない、食べてばかり、では誰だって太って
しまいます。

お餅を賢く使って、体重キープ。

それが『大人』のお正月です。

 

Originally posted 2016-01-07 07:32:36.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP