七五三のお祝いはいつ?どんなふうに?

七五三は以前はかぞえでしたようですが、
今は満年齢でしていますね。

子どもの成長をお祝いするのが基本ですから、
どちらでも構わない、ということです。

 

 

11月15日?

 

七五三のお祝いは11月15日ですが、この日は神社
も混み合います。

ですからこの日にこだわらず、日曜日や10月にする
こともあります。

 

大安などの吉日を選ぶことが多いですね。

子どもの成長を祝うという気持ちが大事ですから、
11月15日に特に拘ることはありません。

 

 

男の子、女の子の場合

 

男の子は3歳と5歳、

女の子は3歳と7歳が一般的です。

男の子は3歳のお祝いはせずに5歳だけ
という地域が多いです。

これもお祝いですから、あまり固く考えずに、
家族で相談して決めれば良いでしょう。

 

男の子の5歳のお祝いは、羽織袴で、
とか、女の子の7歳のお祝いは晴れ着で、
とか言われましたが、今はレンタルで済ませる
人が多いですね。

 

実際この時の一度だけしか着ないものです
から、レンタルのほうが合理的です。

 

晴れ着とドレスのように、衣装を変えて記念写真
を撮る人が増えているようです。

 

 

お祝いをいただいたら?

 

七五三のお祝いにはお返しは不要です。

もしも、お返しをしたいのであれば「内祝い」
として子どもの名前でお赤飯や千歳飴を贈り
ましょう。

写真を一緒に贈ってもいですね。

特におじいちゃんおばあちゃんからのお祝い
でしたら、写真は喜ばれます。

 

 

神社への御礼は?

 

神社へお参りするときは、紅白蝶結びの
のし袋に「御初穂料」または「御玉串料」と
書いて、子どもの名前と年齢を書きます。

 

神社にはお参りする日にちと時間を打ち合わせて
おきましょう。

 

写真は神社で撮るのか、写真館で撮るのか、
神社の場合は決まった写真屋さんがいること
がありますから確認しておきましょう。

 

 

お祝いの食事は?

 

七五三は家族・身内のお祝いです。

子どもの好きなものでお祝いの食事をしましょう。

赤飯を添えてもいいですね。

家族で子どもの成長を祝い、今後の健やかな
成長を願う場ですから、形式にとらわれずに、
楽しい思い出となるような時間にできたらいいですね。

 

 

まとめ

 

子どもの成長は親にとっては嬉しいこと。

できればおじいちゃんおばあちゃんにも
孫の成長を見て喜んでいただきたいものです。

 

一緒に食事をするとか、遠方であれば写真を
送るとかして、様子を知らせてあげましょう。

 

子どもの成長を通して、親にも感謝する、
そんな時間にできたらいいですね。

Originally posted 2016-08-14 22:25:23.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP