エスカレーターの「乗り方」

知り合いと話をしていて、昔「探偵ナイトスープ」
という番組で「アホバカ分布図」という検証をして
いたということから、エスカレーターの乗り方につ
いても同様の検証があったという話になりました。

 

「アホバカ」の分布は覚えていたのですが、
エスカレーターについては記憶がありませんでした。

 

その知り合いによると、静岡だったか、そのあたり
を境にして、左のり’(右側を空ける)のと右のり
(左側を空ける)のに分かれるのだとか。

 

最近の調べではどうも「右乗り」は大阪兵庫あたり
で、かつ少数派になっているらしいのですが、どう
なのでしょうか?

 

ただ、驚いたのは、当時の番組で「境目」となった
地域では、そもそもエスカレーターでは動かない、
だから右も左もなくじっとしている、ということ。

 


「動く歩道」では?

 

たとえば、関西では動く歩道を「歩く」のが当たり前。

ところが、東京では歩かない?

 

関西では歩く人のために片側を空けておくのが
当たり前と思っていましたが、最近は堂々と二人
並んで立ったままの人が増えてきた気がします。

つまり「動く歩道」では歩かない、という意識ですね。

 

エスカレーターでも安全のために移動しない、という
ふうに注意されることがあると聞いたことがあります。

 

これは「急いでいる人もいるやろ」と意識するかしないか、

だから、そういう人のために片側は空けておこう、と
配慮するかどうか、という個々の意識の問題かも
しれませんが、同時に社会の問題でもあると思います。

 

やはり片側が空いている、という光景は人に配慮した
光景と言えるでしょう。

 

そうして、そういう配慮がある、という点で、成熟した
社会が構成されていると言えるのではないでしょうか?

 

右でも左でも、そこは地域によって違うかもしれませんが、
空けておく、という意識が欲しいと私は思います。

 


エレベーターで

 

「閉じる」のボタンを押しますか?

これも知人によると、大阪では誰かが必ず押すけれど、
東京では押さないらしい。

エレベーターでボタンの前に立ってしまうと、関西人は
責任感から、「閉じる」を押したり、場合によっては「開ける」
を長押ししたりして、あたかもエレベーターガール(古い!)
のような気分になってしまうらしいのです。

このあたりも、人への配慮が感じられます。

 

「無関心」とは対極にある、こうした配慮は、日本の暮らし
の中で大切にされてきたものだと思いますし、これから
も、無くならずに受け継がれて欲しいものだと思っています。

Originally posted 2016-07-31 17:21:50.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP