十五夜イベント 観月の夕べ~大覚寺

京都・大覚寺の「観月の夕べ」は有名ですね。

嵯峨天皇が大沢の池に舟を浮かべて貴族たちと月を
眺めたということから始まった「観月の夕べ」

 

大覚寺大沢池は「日本三大名月鑑賞地」のひとつです。

 

空の月と池に映る月の両方が眺められる、心に
残る光景が見られます。

 

 

2016年「観月の夕べ」

 

2016年9月15日~17日に行われます。

大沢池に「龍頭舟」(りゅうとうせん)「鷁首舟」(げきすせん)
などの舟を浮かべて中秋の名月を楽しみます。

ただし舟券は当日販売のみ。

予約はできません。

1枚1000円一人4枚まで購入可能です。
(拝観料は別途500円です)

 

販売はだいたい午後3時ごろから。

乗船時間は17時、18時、19時、20時ですが、順番に
乗船しますから時間は選べません。

私が乗船したのは2年前なのですが、このときは意外
にスムーズに舟券が買えました。

が早めに行かれるほうがいいでしょう。

大沢池の周辺はけっこうな人出になります。

 

舟に乗っている時間は20分ほどですが、船内は静かで
平安朝さながらの気分で月見ができました。

 

ただし乗船するときは平安朝どころではない騒がしさ
でしたが・・・。

 

しかし、大沢池も月も時は流れても変わらず。

さすがの京都の歴史です。

 

 

大覚寺へのアクセス

 

公共交通機関を利用しましょう。

 

JR「嵯峨嵐山駅」から徒歩17分

阪急「嵐山駅」から徒歩35分

京福「嵐電嵯峨駅」から徒歩23分

京都市バス・京都バス 大覚寺バス停下車すぐ。

 

☎ 075-871-0071

京都府京都市右京区大沢町4 大覚寺

 

茶席もあります

 

抹茶とお菓子がいただける「茶券」も販売されます。

また当日は池の周辺で「観月弁当」が売られたり
もしますがかなり高価です。

 

大沢池はやはり観月の名所なので、池の周辺には
人が集まります。

 

 

京都では「観月祭」いろいろ

 

大沢池もそうですが、平安貴族の月見の宴は、
直接月を仰ぎ見るのではなく、池に映る月を
愛でたり、杯に月を映して眺めるものでした。

 

その歴史を背景に京都では「観月祭」があちこち
で行われています。

2016年の中秋の名月は9月17日(満月)です。

 

松尾大社の「観月祭」

尺八・和太鼓の奉納演奏。俳句大会。

月見酒まんじゅうの接待など。

☎ 075-871-516

 

京都府立植物園の「名月鑑賞の夕べ」

コンサートや天体望遠鏡での月の観察など。

18:30~20:30に森が開放されて月見ができます。

無料。

☎ 075-701-0141

 

神泉苑の「観月会」

船上名月鑑賞(700円)、奉納演奏。

庭園無料公開など。

☎ 075-821-1466

 

平野神社の「名月祭」

舞楽・雅楽の演奏。

和菓子付き抹茶席あり(500円)

☎ 075-461-4450

 

高台寺の「秋の夜の観月茶会」

お茶席、庭園夜間拝観料、点心付き、全て込で6000円。

2時間余のお茶会が楽しめます(要予約)

☎ 075-561-9966

 

 

Originally posted 2016-07-26 02:18:48.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP