十五夜のお供え

十五夜と言うのは旧暦8月15日ですね。

今年(2016年)では9月15日にあたります。

でもその日は「満月」ではないのです。

満月は二日後の9月17日になります。

 

 


「中秋の名月」とは

 

旧暦では1~3月が「春」 4~6月が「夏」
7~9月が「秋」 10~12月が「冬」です。

8月は「秋」の真ん中なので「中秋」

十五夜はほぼ満月に近いので、

「中秋」=「満月」ということから「中秋の名月」
といわれるようになったのですね。

 

この「月」を鑑賞するという行事は中国から渡来した
という説が有力です。

平安時代に遣唐使によって伝えられ、宮中での行事
となり、江戸時代になって一般庶民の間に広まった、と
されています。

 

日本でも、秋の豊作のを祝うために「お月見」をした、
という説もあるようですが起源はわからないようです。

ただ、

「うさぎ、うさぎ、何見て跳ねる
十五夜お月さん見て跳ねる」という歌や、

すすきと「月見だんご」を飾った光景を覚えて
いらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

「十五夜のお月見」は昭和の時代には当たり前に
行われていたように思われます。

 


「十五夜」のお供え

 

すすきと「月見だんご」は欠かせません。

「月見だんご」は私の記憶では普通に丸いもの
でしたが、地方によって異なるのでしょうか。

月がよく見える縁側などに、すすきをさした花瓶と、
「月見だんご」を盛った大皿を置いて、家族で
月見をした記憶は確かにあります。

 

「十五夜」にちなんで15個の月見団子を盛り上げ、
美しい月を眺める、という情景はいかにも日本の秋。

 

あまり形式にとらわれる必要はありませんが、
家族でこんな時間を過ごした記憶は必ず
子どもに受け継がれます。

 

そういう体験を持った子どもは、将来家族を
持ったときに「お月見」をするかもしれません。

 

そんなふうに自然に受け継がれてゆく風習が、
暮らしの中で当たり前に続いてゆくといいですね。

 

 


「月見の宴」の愉しみ方はそれぞれ

 

月を眺める場所はそれぞれ違います。

 

縁側で、ベランダで、マンションの屋上で。

 

それぞれの場所に応じてお菓子やデザート、
アルコールなど、飲み物やお料理を工夫
しましょう。

 

秋らしい炊き込みご飯もいいですし、柿や栗、芋
などを使った献立を考えるのもいいですね。

 

世界はどんどん動いていて、慌ただしい時代ですが
時には「月を愛でる」時間を持ってみませんか。

 

Originally posted 2016-07-24 19:50:02.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP