8月23.24日は「地蔵盆」

「地蔵盆」というのは関西だけでしょうか?

よくわかりませんが、地元(兵庫県西宮)では盛んです。

 

 

地蔵盆とは

 

基本的には毎月の24日がお地蔵さまを祀る日のようです。

 

が、8月のこの時期が一番お盆に近いので「地蔵盆」と
いわれるようになったのです。

 

主に道路の端にあるお地蔵様をきれいにして、新しい
衣を着せてあげたり、お供えをします。

 

その地区の人たちが主になって、お地蔵様の
近くに公園があれば、そこで縁日や盆踊り、花火など
を楽しみます。

 

燈籠を灯し、子どもたちが集まって遊び、帰りには
お菓子をもらって帰ります。

夏休みの終わりの縁日ですね。

 

自治会が中心になって行われるのが普通ですが、
地域によって盛んなところと、そうでないところの
差はあります。

 

そこになぜお地蔵様が祀られているのか、近くの
人に由来を聞いてみるといいですね。

 

それぞれの言い伝えや意味があります,から、住んで
いる場所に新たな愛着が湧くかもしれません。

 

 

関西各地の地蔵盆

 

やはり京都が盛んなようです。

各町内ごとに、お地蔵様の近くの公園、個人のガレージ、
境内、町の集会所などを使って、提灯を飾り、お供えを
します。

 

大阪では天王寺あたりではかなり盛んです。

盆踊り、金魚すくい、輪投げ、福引などもあります。

 

神戸や明石でも地域によって盛大に行われています。

 

どこでも主役は子供。

 

あちこちを回ってお菓子をもらうのが楽しみになって
います。

 

市場のお菓子やさんで、お菓子が「箱」で売れるのも
この時期です。

 

自治会などが、子供に配るために大量に購入するから
です。

 

地蔵盆が地域の交流の場にもなっています。

大人も子供も、こういう場で交流を深めていくのです。

 

 

地域によっては行事がなくなるところも・・・

 

自治会活動が次第に少なくなってゆく地域も
あります。

 

残念なことですが、子どもの数が減ったり、そもそも
地域の人口が減ってしまったりで、継続できなくなる
ところもあります。

 

日本の祭りは地域に根ざしたものだったのが、観光化
して、そのおかげで長く続いているものが多いです。

 

どんな形であれ、続いて、引き継がれてゆくことが
大切です。

 

生活の流れの中で、今日から「祇園祭」

明日からは、「天神祭」

といった節目があって、季節の変化を感じる幸せ。

夏の花火、秋のりんご狩り、

そういう行事と共に、日本の日々は移り変わって
いきます。

 

伝統と共に生きる幸せを、時には感じて欲しいと思います。

Originally posted 2016-07-08 15:28:16.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP