お中元の時期とマナー

「夏のご挨拶」といえば「お中元」

デパートの「お中元コーナー」ができると、そろそろ
お中元の季節、と思っていませんか?

それは確かに正しいのですが、お中元の由来も
知っておきましょう。

 

 

「お中元」の由来

 

これも中国からの伝来です。

中国の暦法に「上元」「中元」「下元」というものが
あって、
上元は1月15日、中元は7月15日、下元は10月15日
とされていました。

これはそれぞれが一年の折り目の日とされていたの
ですが道教では『贖罪の日』となって、一日中火を
焚いて罪を懺悔する日だったようです。

一方7月15日は仏教では盂蘭盆会にあたります。

これが「お盆」として日本では先祖を供養する日に
なりました。

「中元」と「お盆」が同日ということで次第に一体化し、
江戸時代以降になって、お盆に親類などが往来して
お礼の品等を届けたりしたことから、世話になった人に
贈り物をするように変化してきたようです。

 

 

現代のお中元の時期

 

旧暦の7月15日は新暦では8月15日。

一般に「お盆」というとこの時期ですね。

ところが「お中元」については、関東地方など
では7月15日として、この頃までに贈るように
なっているようです。

だいたい7月上旬から15日くらいの間に贈ります。

 

関西やその他の地域では8月上旬から15日の間
くらいになります。

ただデパートの「お中元」コーナーは年々早くから
準備されるようになっていて、7月中旬には配送される
ことが多いようです。

関東地方へのお中元は早めがいいでしょう。

関東地方へのお中元が7月15日を過ぎるようなら
「暑中御見舞い」「暑中御伺い」とし、立秋を過ぎたら、
「残暑御見舞い」「残暑御伺い」とします。

「御伺い」というのは目上の人に対して使います。

関西以西では8月15日まで「「お中元」、それ以後は
立秋をすぎていますから「残暑御見舞」「残暑御伺い」
となります。

 

 

お中元は毎年のご挨拶

 

お中元というのは一年限りではなく毎年続けるものです。

ですから、あまり高価なものでなくても、毎年喜んで
いただけるものを贈りましょう。

喜んでいただけるものなら毎年同じものでもいいのです。

受け取る方も、毎年の楽しみにしているかもしれません。

 

ただし,なまもの(くだものなど)の場合は、先にハガキな
どで連絡しておくとよいでしょう。

 

もしも一回限りの贈り物であれば「お中元」とはせずに、
「御礼」などにします。

 

お中元をいただいた場合

 

ハガキなどでお礼状を出しましょう。

確かに受け取ったという確認にもなります。

 

お中元は贈らない人も増えているようです。

会社内ではそういう贈り物はしない、と決めている
会社もあります。

ですから、しなければいけないわけではありません。

 

こちらの気持ち次第ではありますが、もしも贈るので
あれば、喜んでいただけるものを選ぶ、という基本を
忘れずにしっかりリサーチしましょう。

 

Originally posted 2016-06-03 07:57:37.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP