天神祭奉納花火2016

「天神祭」といえば、日本三大祭りのひとつです。

2016年は「船渡御」(ふなとぎょ)の水上パレードに
合わせて、7月25日に「奉納花火」が行われます。

 

 

奉納花火

 

「天神祭」は大阪天満宮で行われる天神様(菅原道真)
のお祭りです。

何といっても最大の特徴は大川に船を浮かべて曳航する
船渡御」という行事です。

 

これには例年100雙以上の船が参加します。

この「船渡御」にあわせて花火が奉納されます。

 

ですから、大川を曳航する船のかがり火と、打ち上げ
られる花火と、両方を眺めるのがこの天神祭りの
クライマックスといっていいでしょう。

 

 

2016年の開催日時

 

7月24日25日になります。

「奉納花火」は19時から21時が予定されています。

雨天の場合は延期ではなく中止されます。

「船渡御」は雨天決行です。

 

お問い合わせ
06-6353-0025
大阪天満宮

 

 

会場とアクセス

 

大阪天満宮から天神橋筋商店街、桜之宮公園
大川沿岸などに1000店と言われる屋台が並びます。

 

花火を見て楽しむなら、この屋台の並ぶ道をそぞろ
歩きしながら、というのがおすすめです。

 

何しろ大変な人出になります。
(昨年は130万人)

 

有料エリアで座ってみるのもいいですが「祭り」を楽しむ
のであれば、屋台を見ながらのんびり歩いて花火を待つ
のもアリだと思います。

 

JR桜之宮駅

 

打ち上げ場所にも近いので大変混雑します。

特に西口は混雑しますから、できれば17時前には
改札を通っておきたいです。

17時すぎたら東口に回ると少しは混雑を回避できます。

 

ここから「桜之宮公園」北側に向います。

花火を見るには最高の場所です。

 

花火の後は大変に込みあいますから、JR京橋駅、
またはJR大阪城北詰まで歩くといいでしょう。

 

京阪天満橋駅

 

大川の西エリアに近い駅です。

ここから桜之宮公園南側や川崎公園へ。

駅の構内が広いので人が多くても比較的スムーズに
移動できるでしょう。

ただし花火のあとの駅までの道は混雑します。

 

地下鉄南森町駅

 

地下鉄堺筋線、地下鉄谷町線で南森町駅へ。

JRに比べれば空いています。

早めの到着(17:30くらいには)で、屋台を見ながら
OAP前の円形広場を目指しましょう。

 

ここは、階段などに腰掛けても花火がよく見える特等席です。

 

帰りはやはり混みますから、少し待って時間をずらすといいですね。

 

 

Originally posted 2016-05-30 08:07:34.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP