貴船祭 京都の六月

京都の貴船神社は全国にある貴船神社の
総本宮です。

毎年6月1日には「貴船祭」が行われます。

 

 

貴船祭とは

 

毎年の「例祭」として6月1日に行われる貴船神社で
最も大切な祭りです。

本宮での「舞楽奉納」から始まり、神輿が本宮を出発
して奥宮へ。
舞楽奉納は11時から。
神輿出発は13時。

奥宮では子供たちが神石「船形石」に「千度参り」を
行います。

そのあと、
ヤマタノオロチ退治の神話を再現した「出雲神楽」が
奉納されます。

見学は無料。

 

お問い合わせ

075-741-2016
貴船神社

 

 

貴船神社

 

「水」の神様として信仰されています。

また「縁結び」の神としても信仰されています。

平安時代に和泉式部が参拝して詠んだ歌が
「後拾遺和歌集」に収録されています。

室町時代の謡曲「鉄輪」(かなわ)はこの貴船神社
を舞台にしており、安倍晴明が登場することから
現在人気のスポットにもなっています・

最近はパワースポットとしても有名です。

 

 

アクセス

 

京阪電車「出町柳」駅下車。

叡山電鉄に乗り換え。
「貴船口」駅下車。

JR京都駅から「貴船口」まで約50分ほどです。

 

「貴船口駅前」から京都バスで「貴船下車。徒歩数分。

 

貴船口駅から貴船神社までは徒歩で30分。
上り坂ですが、道は歩きやすいので徒歩の人が
多いです。

比較的近くの鞍馬寺とあわせて周るコースとしては、
叡山電鉄鞍馬線「鞍馬」駅からすぐ近くの
鞍馬山鋼索鉄道「山門駅」に移動、「多宝塔駅」まで
行って、鞍馬寺へ。

鞍馬寺から鞍馬寺「霊宝殿」~「魔王殿」さらに沢伝い
に貴船神社~「貴船口」駅というコースがあります。

 

 

貴船の「川床」

 

貴船川は京都の鴨川の源流になります。

貴船神社付近には料亭が多く、川の上に桟敷
を作って京料理を楽しめるようになっています。

「川床」は「かわどこ」と読みます。

鴨川は「床」(ゆか)ですね。

貴船は京都市内よりも温度が10度くらい低いです。

川床は水に近いぶん涼しいというより冷え込むことが
あります。羽織るものを用意しておきましょう。

 

川床は5月1日から始まります。

非常に人気がありますから、必ず予約はしておきましょう。

 


まとめ

 

貴船祭そのものは伝統的な神社の奉納の
祭りです。

奥宮まで行ってみると、やはり荘厳な空気が
漂っていますので、ぜひ足を伸ばしていただきたい
と思います。

川床等を楽しむ料亭は本宮あたりまでにあって、
その奥は非常に静かです。

川床は夏の京都の暑さとは別天地です。

貴船は川の水に触れるくらいに川床が低いので、
いっそう涼しく感じられます。

機会がありましたら、一度体験なさってみてください。

 

Originally posted 2016-05-14 13:26:20.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP