横浜開港祭で花火を見る2016

横浜開港祭は今年たぶん一番最初の花火大会です。

2016年の開催は6月1日2日。

ひとあし早く「花火」で夏気分になってみませんか?

 

 

横浜開港祭とは

 

横浜港は安政6年6月2日に開港されました。

その翌年の6月2日に開港1周年を横浜の人たちが
祝ったのがきっかけだったようで、この日が「開港記念日」
と決められているそうです。
この日は横浜市立の学校はお休みだそうです。

1995年から「横浜開港祭」という名前になりましたが、
それ以前は「’82国際デー第1回横浜どんたく」として
スタートしたようですね。

「開港祭」ですから花火だけではなく、イベントがたくさん。

 

開港祭パレードやちびっこミニ駅伝、スウィーツパラダイス
など盛り沢山です。

詳細はこちら。

横浜開港祭オフィシャルサイト

 

 

「横浜開港祭」のフィナーレが花火!

 

2016年6月2日夜8時20分頃~9時頃。

毎年かなりの人で混雑するようですね。

ゆっくり花火を見るならやはり有料席。

メイン会場のペア席が2人で9000円。

国立大ホール前会場にも有料席がありますが、
こちらではここの花火大会の特色でもあるレーザー
ビームが見られないようです。

となると、せっかく「横浜港」なのですから、
クルージングはいかがでしょう。

 

ちなみに、今年の
「横浜海開港祭2016花火観覧クルーズ」
(大人7000円 子ども3500円フリードリンク軽食付き)
は4月7日から販売されて、すでに満員御礼となっています。

 

無料で花火を見るなら、

少し離れますが、
山下公園海の見える丘公園があります。

 

会場の「臨港パーク」に行って早めに場所取りが
できれば、一番いいですね。

ただし、まだ6月です。

夜はさすがに冷えますから、羽織るものを用意して
行きましょう。

 

 

アクセス

 

JR横浜駅から、
みなとみらい線で「みなとみらい駅」下車。

「みなとみらい駅」は非常に混雑しますから、ひとつ手前の
「新高島駅」で下車してもいいですね。

また「横浜駅」から直接向かうのもアリです。

 

お問い合わせ

横浜開港祭協議会事務局
045-212-5511

 

雨天決行ですので、雨模様でしたら雨具の
準備もしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

Originally posted 2016-05-10 11:11:11.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP