紫外線対策 照り返しが怖い、その防止法

嘆かわしいことですが、いまや全地球的に紫外線
対策は必要不可欠です。

 

日傘や帽子は「上から」の紫外線は防いでくれますが、
アスファルトが眩しい、と思ったことはありませんか?

 

「照返し」による紫外線というのは、なんと10%にもなる
のです。

 

「照り返し」対策をしておかないと、かなりの片手落ちです。

 

 

日傘の内側の問題

 

日傘にUVカットが施されているものが増えています。

もちろんこれは「上」からの紫外線をカットしてくれます。

UVカットが施されていれば、日傘の色に関係なく
紫外線はカットされます。

ただしこのUVカット加工はずっと長持ちするわけでは
ありません。
だいたい2年でかなり劣化すると言われていますから、
注意しましょう。

 

上等の日傘を長く使いたいのであれば、「黒」で生地の
厚い、目の詰まったものを選びます。
(レースのように隙間があるものは選ばないこと)

「黒」は紫外線を吸収しますので、安心して長く使えます。

 

「照り返し」によ紫外線対策には、この日傘の「色」が大切です。

 

足元からの「照り返し」受けるのは日傘の「内側」です。

 

この色が白などでは紫外線を反射して、首などに照射する
ことになってしまいます。

日傘で紫外線を集めてしまうのですね。

 

ですから、内側は「」を選びます。

紫外線を吸収してくれます。

 

 

 

首や顎を守るためのグッズ

 

黒は紫外線を吸収しますが、暑さは防げません。

また内側が黒以外の日傘の場合、照り返しによる
日焼け防止のために、UVkカットのネックカバーや
マスクなどを併用するといいでしょう。

 

日傘以外でもネックカバー、フェイスカバー付きの帽子
もあります。

 

手を空けておきたいのであれば、つばが広くて、カバーが
ネック部分からフェイスへと調節可能なものが便利です。

 

曇りの日でも紫外線はしっかり届いていますから、
「紫外線対策」は一年中必要です。

 

 

まとめ

 

「照り返し」が最も強いのは雪です。

雪山では照り返しが80%!

これは驚異です。

 

日常生活ではそこまでのことはありませんが、
紫外線は「上」からばかりではない、とうことは
意識しておきましょう。

 

できれば日中10:00~14:00の外出は控える、
で来るだけ日陰を歩く、などは普段から意識して
おきましょう。

 

紫外線は時間をかけて肌に影響を与えます。

 

毎日の紫外線対策をきちんとすることが将来の
アンチエイジング、美肌の維持へと繋がるのです。

 

 

 

 

Originally posted 2016-04-04 10:56:17.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP