紫外線対策「目」には必要?

紫外線対策は「目」にも必要と言われています。

 

でも、サングラスは自分には似合わないし・・・・・。

そもそも「サングラス」というキャラでもないし・・・。

だいたいそこまで必要なのだろうか?

 


目に備わった紫外線防止機能

 

地球に降り注ぐ紫外線にはA波とB波があります。

その紫外線量の10%を占めるのが「B波」です。

B波を長い時間浴びると、肌が赤くなったり、水ぶくれ
できてやけどのようになります。
肌を傷つけ皮膚がんの原因にもなります。

 

「A波」は、肌の奥まで届いてコラーゲンに影響するので
シミ・シワの原因になります。
また、窓ガラスや雲を通り抜けるため、曇りの日でも影響
を受けますから注意が必要です。

 

日本人は「メラニン色素」が多く、紫外線を吸収するため
に、皮膚がんの発症率はそれほど高くはありません。

目に紫外線を浴びてダメージがある場合、脳が危険を察知
してメラニンを作り肌を守ろうとするのです。

しかし、このメラニンがシミやくすみなど肌の老化を引き起
こしてしまいます。

 

ですから、肌の紫外線対策だけでは、肌を守るには不十分
で、やはり「目」の紫外線対策も必要になります。

 

 


紫外線から目を守る具体的な方法

 

紫外線カット率の高いメガネ。

サングラスなら色の薄いものがいいです。

色の濃いものは、周りが見にくくなるために、目は瞳孔を
開いて見ようとします。
すると、サングラスの隙間からの紫外線が目に入った場合
のダメージが大きくなってしまうのです。

紫外線カット率の高い、度数のないメガネがありますので、
サングラスはどうも・・・・という方はこちらがおすすめです。

 

日傘・帽子

 

帽子はツバの広いもの、できれば10センチくらいのもの
を選びます。
キャップのように前にだけツバがあるものではなく、周り
全体にツバのあるものがいいですね。

日傘は最も簡単、かつ使いやすいアイテムです。
春から秋まで、長く利用しましょう。

 

特に長時間紫外線を浴びる、戸外の仕事や、スポーツ
をする場合は、メガネ(サングラス)を使って目を守るべき
ですが、普通に生活をするのであれば、紫外線の強い
時間帯(11時~14時)の外出を避ける、日陰に入るなど
を意識していれば充分です。

 

 


身体の内部からの紫外線対策

 

紫外線の影響を防ぐ食品として、

まずトマトがあります。

トマトに含まれるリコピンが紫外線で生じる活性酵素を
除去するとともに、余分なメラニン色素の抑制、コラーゲン
の合成など、皮膚のトラブルを解消してくれます。

 

ブロッコリー

ブロッコリーの成分スルフォラファンが細胞を発ガン物質
から守り、免疫力を上げます。
抗酸化作用も強く、摂っておきたい食品です。

 

皮膚ガンの予防に効果があるのが、魚類に含まれる
多価不飽和脂肪酸(n-3系脂肪酸)です。
サバ、イワシ、マグロなどを意識して摂るようにしましょう。

 

 


まとめ

 

昔と違って地球に降り注ぐ紫外線量は増加しています。

肌の老化だけでなく、皮膚ガン、白内障の発症にも
影響します。

紫外線は長期にわたって身体に影響を及ぼすもの
ですから、夏だけでなく年間に渡る対策、また子ども
のころからの対策が必要です。

ただし、神経質になりすぎず、「過度」に紫外線を浴びない
ように留意しましょう。

 

ビタミンDのように、身体に大切なものに紫外線が必要
な場合もあります。

 

正しい知識を持って必要な対策を決めていきましょう。

 

 

 

Originally posted 2016-03-31 02:09:24.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP