紫外線による身体への影響とはどんなもの?

地球の環境の変化によって、紫外線量は明らかに
増えています。

 

では紫外線を浴びすぎるとどんな影響があるのでしょう?

 

紫外線が関係していると思われるものには
急性の傷害と慢性の傷害があります。

 

 

急性の傷害

 

これは日焼けによる皮膚の炎症です。

皮膚が真っ赤になって痛む日焼けを「サンバーン」と
言います。

この炎症は8~24時間がピークとなり、2~3日で消え
ますが、水ぶくれとなって皮がむけることもあります。

 

早めに冷たいタオルで冷やすと、かなり状態は軽くなります。

 

日焼けして数日後に皮膚が褐色になるのを「サンタン」と
言います。

 

これは紫外線が皮膚の奥深くまで浸透するのを防ぐために、
メラニン色素が褐色の肌を作るのです。

 

ですからメラニン色素は紫外線から身を守る協力な防御力
なのです。

 

日焼けして赤くなりやすく、黒くなりにくい人は紫外線対策
が必要です。

 

また、ウィンタースポーツなどで雪に囲まれた場所では、
雪からの日光・紫外線の反射によって、一時的にものが
見えにくくなったり、かすんだりします。

これを「雪目」(ゆきめ)といいます。

ゴーグルなどで反射を防ぐようにします。

 

 

 

慢性の傷害

 

慢性の傷害とは長年に渡る紫外線からの傷害で、
皮膚のシミ、しわ、悪性・良性の腫瘍、などがあります。

 

顔や手の甲のシミやしわは、加齢によるものと思われがち
ですが、紫外線による慢性的な傷害であり、紫外線対策を
することで防ぐことができるのです。

 

白内障は加齢による発症が主ですが、日本人の多くにみら
れる「皮質白内障」は紫外線との関係があるとされています。

ですから、目についても紫外線対策は必要です。

 

 

ただし「紫外線」が必要な場合もあります

 

それは「ビタミンD」の生成についてです。

 

ビタミンDの主な働きは、カルシウム代謝の調整です。

 

従ってビタミンDの不足は骨粗鬆症の原因になります。
筋肉にも作用するので、ビタミンDは高齢者の転倒防止
にも効果的なのです。

 

妊婦さんのビタミンD不足は赤ちゃんの骨の発育に影響
します。

 

日本人の、特に中高年女性のビタミンD不足は、問題と
されています。

 

食品としては魚、キノコ類、から摂取できますが、
カルシウム代謝の面では、日光による体内での合成も必要です。

 

「日光」といっても、日焼けするほどではなく、
「両手の甲」くらいの面積が15分間、日光に当たる程度、
もしくは日陰で30分位過ごす程度でいいとされています。

(ガラス越しではなく、直接に、です)

 

 

まとめ

 

昔は「小麦色の肌」が健康的と言われましたが、
紫外線の及ぼす肌や髪、目などへの影響が広く
知られるようになってきました。

 

長い年月の結果が将来表れるとなると、子どもの頃から
ある程度の「紫外線対策」は必要になります。

 

まったく遮断するわけにはいきませんし、紫外線が必要
とされることもあるので、まずは正しい知識を身に付けて
おきましょう。

 

Originally posted 2016-03-29 08:05:48.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP