母の日のプレゼント 義母に初めて贈るなら

結婚後初めての「母の日」

「義母」となった人に何を贈りましょうか。

「花」は定番ですが、今後の長いお付き合いも
ありますから、最初が肝心です。

 

 

まずは「夫婦」で贈る

 

これまで「母の日」はどうしていたのか、聞き取りを
しましょう。

 

そもそもプレゼントをしていたのか。

どんなものをプレゼントして、義母はどんなものを喜ぶのか。

 

だいたい「息子」というのは、「何もしない」ことが多いようです。

 

ですから、まずは夫婦ふたりで考えました、という形でメッ
セージをつけて、花プラススイーツなどがいいでしょう。

 

ちょっと高級感のあるマカロンとか、和菓子など。

最初はいつまでも残るものではなくて、
(もしも気に入らなかったらずっと残るものは困ります)
食べたら消えてしまうものがおすすめです。

 

「おいしかったわ」と気軽に言ってもらえるようなもの
が双方にとって一番です。

 

近くなら持って行って直接渡しましょう。

離れていたら夫から義母に電話をしてもらって、
「嫁と相談して・・・」とか「ちょっと気持ちだけ・・・」
とか伝えてもらうといいでしょう。

息子からの連絡は母にとっては嬉しいものです。

 

予算はだいたい3000円~5000円位が多いようです。

 

義母の年代は「お返し」をすぐ考える年代でしょうが、
それをあまり気にしないで済むような範囲で収めましょう。

 

 

 

メッセージカードは夫婦連名で

 

夫にも直筆で一筆書いてもらいます。

 

そこにひとこと添えるような形でメッセージを書いて、
それぞれの名前を入れます。

 

花は生花でもいいですが、可愛いプリザーブドフラワー
がおすすめです。

 

生花ですと水やりに気を使ったり、それでも長持ちは
しませんから、置いておくだけのものがいいでしょう。

 

息子夫婦からの贈り物、とするほうが、義母としても
受け取りやすく、夫を通して本音の感想が聴けるかも
しれません。

 

義母のことがよくわかるようになったら、例えば一緒に
食事をするとか、義母の好きなものをプレゼントするとか
「次」の段階に進めばいいのです。

 

食事にしても、和食がいいのか、中華がいいのか、
場所はどんな場所が好きなのか、リサーチなしでは
わかりませんね。

 

まずは形よりも気持ち、というつもりで、夫婦の気持ち
を伝えれば充分です。

 

 

義母との付き合いはこれからですから

 

「母の日」ばかりでなく、子ども(義母にとっては孫)
ができたら、子どもを介して、またお誕生日や年末年始。

いろいろな場面で長い付き合いが始まります。

 

夫を通して、というのも初めのうちだけで、次第にお互い
がわかってきます。

 

その上で、どんなふうに「母の日」を過ごすのか、家族
にとっての「いい形」ができてくるでしょう。

 

夫婦も家族のあり方も、それぞれです。

 

これからゆっくり「いい形」を作り上げていってください。

 

 

Originally posted 2016-03-26 13:38:29.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP